hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <LTE回線に加え、無線LAN環境下での通信に対応>アイコム、IPトランシーバーの新製品「IP510H」を新発売


<LTE回線に加え、無線LAN環境下での通信に対応>アイコム、IPトランシーバーの新製品「IP510H」を新発売

アイコム株式会社は2024年6月21日、LTE回線(NTTドコモのLTE、auの4G LTE)に加え、無線LAN環境下でも通信可能なハンディタイプのIPトランシーバー「IP510H」を7月下旬に新発売すると発表した。同製品は2018年8月に発売を開始したデュアルSIM対応のIPトランシーバー「IP502H」の後継機種という位置づけだ。価格はオープン。

 

 

アイコムのLTEトランシーバー「IP510H」

 

 

 アイコムのニュースリリースから抜粋で、新製品のIPトランシーバー「IP510H」の情報を紹介する。

 


 

大好評IPトランシーバーの後継機を新発売。LTE回線に加え、無線LANでの通信に対応

 

 無線通信機器のアイコム株式会社は、LTE回線と無線LAN環境下で通信可能なIPトランシーバー「IP510H」を2024年7月下旬に新発売します。

 

 本機は、現在多くのユーザーにご愛顧いただいているIPトランシーバー「IP502H」の後継機です。従来のLTE回線のみの通信だけでなく、無線LAN環境下での通信が可能になりました。これによりキャリアの電波が届かない地下やトンネル内といった従来のIPトランシーバーでは不感地帯となっていた場所でも、通話が可能になります。公共インフラ業、警備業、自治体などで導入を見込んでいます。

 

<おもな特長>

 

★LTE回線で日本全国(各携帯電話回線の電波到達範囲が通話エリア)、圏外を無線LANでカバー
 従来のIPトランシーバーに加え無線LAN経由の通信にも対応するので、LTE回線の通話エリア内/外を気にせず、タイムリーな情報伝達を実現します。LTE回線の圏外となる地下や掘削工事中のトンネル内などに移動しても、無線LAN環境下であればそのまま使い続けることができます。しかも、LTE/無線LANが自動で切り替わるため、本体操作も不要です。

 

★業界最小クラスのコンパクトサイズでタフなボディ
 約W56.0mm× H92.3mm×D31.2mmと、IPトランシーバー端末としては業界最小クラスのコンパクトさを実現。業務の機動性を損ないません。また、IP67の防水・防塵性能のタフボディを実現しています。

 

★従来から好評の機能をそのままに
 Bluetooth機能に対応、電話のように話せる同時通話、通話中の割り込み通話、複数人で通話ができる多重通話など、従来機で非常に好評の機能も、そのまま本機に引き継いでいます。また、マイクやヘッドセットなどの一部オプション類も従来品のものをご利用いただけます。

 

<製品概要>

 

・機種名:IP510H
・外形寸法:56.0W×92.3H×31.2Dmm(BP-314装着時、アンテナを除く)
・重量:約220g(BP-314、アンテナ装着時)
・防塵・防水性能:IP67
・無線通信:
 アイコムの提供するLTE回線(NTTドコモのLTE、auの4G LTE)
 無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac)
・Bluetooth機能に対応
・GPS機能

 


 

 詳細は下記関連リンク参照のこと。

 

 

 

●関連リンク:
・大好評IPトランシーバーの後継機を新発売。 LTE回線に加え、無線LANでの通信に対応(アイコム ニュースリリース)
・アイコム

 

 

 

●いったん広告です:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック

充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)