hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > カタログ・販促物 > <写真で見る>無料配布中の「平成26年カレンダー全国市町村マップ」を最速チェック!!


<写真で見る>無料配布中の「平成26年カレンダー全国市町村マップ」を最速チェック!!

公益財団法人 国土地理協会(JGDC)が無料配付を開始した「平成26年カレンダー全国市町村マップ」。hamlife.jpではいち早く入手して細部をチェックし、アマチュア無線的な視点による“使い勝手”を考察してみた。

 公益財団法人 国土地理協会(JGDC)が無料配付を開始した「平成26年カレンダー全国市町村マップ」。その大きさや表記内容、使い勝手などはどうだろうか。hamlife.jpがマップを最速入手したのでチェックしてみよう。

 

001

これが入手した「平成26年カレンダー全国市町村マップ」。大きさはB1判。縦72.8cm×横103cm。つまりB5判の「CQ ham radio」誌が16冊分のサイズとなる(配布時もB5判に折りたたまれている)。正直言ってかなり大きい。シャックにこれが貼れるだけの壁面があるか、まずは確認が必要だろう。余白では日本にある世界遺産も紹介されている。

 

 

 002

地図部分のアップ。都道府県名は緑(都道府県境も緑)、現在の市町村名は黒で表示。ただし1999(平成11)年以降の「平成の大合併」で誕生した新市町村はその範囲が緑色に着色され、新名称を朱色で表示。合併前の旧市町村名を紺色の文字で表示(惜しいことに、その場合の市・町・村の表記は省略されている)。なお郡名や支庁名(振興局名)は記載がない。

 

 

 003

南関東、山梨の一部、中京圏、近畿圏、徳島・香川の一部、九州北部など、市町村が密集している地域は別に拡大表示。なお、東京都の区部(23区)は各区名が表記されているが、政令指定都市の区部(上の写真だと横浜市、川崎市、さいたま市、千葉市)は区名表記が省略されている。そのため「AJA」や「WAKU」(郡名がないので「JCG」も)に使えないのが残念だ。

 

 

004

地図は2014(平成26)年1月1日現在。この日に誕生する予定の新市、岩手県滝沢市(JCC0316)もしっかり記載されている。

 

 

 yamaguchi-v

 2005(平成17)年2月13日、長野県木曽郡山口村は、県境とコールエリアを越えて「岐阜県中津川市」などと合併した(ちなみにこの当時、山口村には29名、32局のアマチュア無線局が存在した)。この地図でどう表記されているか注目したのだが、県境を越えての合併がわかる表記はなされていなかった。

 

 

005

 「平成26年カレンダー全国市町村マップ」には、何かと話題の「島」も、もちろん記載されている。

 

 

006

水性サインペンでの塗りつぶしも容易。交信した地域を赤く塗りつぶしていく楽しみが味わえる!?

 

 大判でシャックに映える「平成26年カレンダー全国市町村マップ」は公益財団法人 国土地理協会が無料で配布中だ(郵送の場合は、送料200円分の切手を貼り、住所氏名を記載した角形2号の封筒を送付)。詳しい入手法は、別記事「あなたのシャックに1枚いかが? 平成26年カレンダー全国市町村マップを希望者に無料配布」を参照して欲しい。

 

 

●関連リンク:

・公益財団法人 国土地理協会(JGDC)

・国土地理協会「平成26年カレンダー全国市町村マップ」(2014年カレンダー)について

・平成26年カレンダー全国市町村マップ見本(PDF型式)

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター