hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > <稼働中のノード局が一目でわかる>WIRES-Xユーザーに朗報!! 「WIRES-X アクティブノードマップ」誕生


<稼働中のノード局が一目でわかる>WIRES-Xユーザーに朗報!! 「WIRES-X アクティブノードマップ」誕生

八重洲無線が開発したVoIP通信システム「WIRES-X」。2016年6月1日現在、無線クラブや個人によって開設された「ノード局」(アクセスポイント)の登録数は全世界で約4,400局にものぼる(日本国内:2,000、北米・南米:1,300、ヨーロッパ・アフリカ:1,000、アジア・オセアニア:100)。そのうち“現在稼働しているノード局”を20分間隔で更新し、地図上に表示する「WIRES-X アクティブノードマップ」が米国で開発され、5月末から公開が始まった。

 

 

「Fusionlive.net」で日本列島を表示させたところ

「Fusionlive.net」で日本列島を表示させたところ

 

 

 この「WIRES-X アクティブノードマップ」は米国のEric J Goforth氏(N6GOF)が開発したもの。八重洲無線が海外でアマチュア無線のC4FMデジタル通信システムを「System Fusion」と呼称していることにちなみ、「FusionLive.net」( http://fusionlive.net )」と命名された。

 

 同サイトは非常にわかりやすい構成だ。八重洲無線が公式Webサイトで公開(20分間隔で情報更新)している「WIRES-XアクティブIDリスト」からデータを抽出、Googleマップの世界地図に、稼働しているシンプレックス(送受信同一周波数)運用のノード局は赤のアイコン、送受信周波数が異なるレピータ形式のノード局は青のアイコンでプロット。アイコンをクリックすると局の詳細情報が表示されるほか、サイト上部にはIDによるノード局検索機能も設けられている。

 

東京周辺を拡大したところ。赤は稼働中のデジタルノード局を意味する

東京周辺を拡大したところ。赤は稼働中のシンプレックス運用のノード局、青は稼働中のレピータ形式のノード局を意味する

ノード局のアイコンをクリックすると登録されているIDや周波数などのデータがポップアップする

ノード局のアイコンをクリックすると登録されているIDや運用周波数などのデータがポップアップ

IDによる検索機能もある。ただし完全一致しないと表示されない

マップのすぐ上にはIDによるノード局検索機能もある。ただし登録ID名と“完全一致”しないと表示されないようだ

海外にも多数のノードが稼働している様子がわかる。青はアナログノード局

海外にも多数のノードが稼働している様子がわかる。ヨーロッパはレピータ形式のノード局も多いようだ

 

 

 同サイトはパソコンでの閲覧を想定したフルバージョンのほか、スマートフォンでの閲覧に適したモバイル版も公開されている。このマップを活用することでWIRES-Xユーザーは、“いま使えるノード局探し”の労力が大幅に軽減できそうだ。今後の機能追加にも期待したい。

 

 

【追記 2017年12月】本記事で紹介した「FusionLive.net」が繋がらない場合は、HB9HAL局が開設したサイト「Wires-X Nodes Worldwide」の利用をおすすめする。

 

 

●関連リンク:
・Wires-X Nodes Worldwide(HB9HAL)
・FusionLive.net(パソコン用)
・FusionLive.net for Mobile(スマートフォン用)
・WIRES-X(八重洲無線の公式ページ)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」