hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > アプリ情報 > <稼働中のノード局が現在地から近い順にわかる>iPhoneで使える、WIRES-Xノード検索アプリ「WiresApps」誕生!!

<稼働中のノード局が現在地から近い順にわかる>iPhoneで使える、WIRES-Xノード検索アプリ「WiresApps」誕生!!

八重洲無線が開発したVoIP通信システム「WIRES-X」。2017年3月29日現在、無線クラブや個人によって開設された「ノード局」(アクセスポイント)の登録数は全世界で5,766局にものぼる(日本国内:2,229、北米・南米:1,893、ヨーロッパ・アフリカ:1,416、アジア・オセアニア:228)。これらのうち“現在稼働しているノード局”を現在位置から近い順にマップ上に表示できるiPhoneやiPadなどのiOS対応アプリ「WiresApps」の公開が始まった。App Storeから無料でダウンロードし利用できる。

 

 

iOS用アプリ「WiresApps」(App Storeより)

 

 

「WiresApps」はJN1OLJ 森川氏が開発したiOSアプリで、iPhone/iPadユーザーはApp Storeにアクセスしアプリ名検索を行うと容易に見つけることができる。同氏はこのアプリについて「以前に同様のものをWEBアプリで作成しましたがネットワークに接続できない時こそ必要と考え、オフライン環境でも使えるスマホアプリにしました」と説明している。

 

 このアプリをインストールし立ち上げるとマップが出現する。下部の「search nodes」をタップすると、GPSで取得した現在位置(またはマップの中心)から近い順にWIRES-Xのアクティブノード局がリストアップされ、マップ上にはピン(デジタルノードは赤、アナログノードは青)で表示される。マップは自由に動かすことができ、日本だけでなく海外ノード局の表示にも対応している。

 

GPSによる現在位置、またはマップの中心から近い順にWIRES-Xのアクティブノード局をピン(デジタルノードは赤、アナログノードは青)で表示する。海外ノード局の表示にも対応

 

 マップに表示されているノード局のピンをタップすると、その局のノードIDや周波数を表示。さらに(i)をタップすると画面が切り替わり、ノード局が登録している詳細情報が表示される(リスト内の(i)をタップしても同様)。

 

ノード局のピンをタップするとIDや周波数などの情報を表示。さらに(i)をタップすると画面が切り替わって詳細情報も表示

 

 またセットアップ画面では、マップ上に表示するピンの最大数を変更したり、八重洲無線のサーバーが管理している最新のアクティブノード局のデータを取得しマップを更新することが可能だ。

 

セットアップ画面で、マップ上に表示するピンの最大数を変更したり、八重洲無線のサーバーにある最新のアクティブノード局のデータを取得しマップを更新することも可能

 

 WIRES-Xのユーザーには便利な大変便利なアプリなので、iOSユーザーはダウンロードし活用するとよいだろう。

 

 

●関連リンクWiresApps(iTunes Preview)

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」