hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > アワード情報 > <便利サービス>住所や施設名などの“キーワード”から、一瞬でGL(グリッドロケーター)を表示する「アイカラー」のWebサイト


<便利サービス>住所や施設名などの“キーワード”から、一瞬でGL(グリッドロケーター)を表示する「アイカラー」のWebサイト

 

緯度と経度から算出した6桁の文字列で地球上の位置を表示する「GL(グリッドロケーター)」は、いまどきのアマチュア無線家に馴染みが深く、QSLカードに表記している局も少なくない。JARLも異なるGL番号(スクエア)を集めて完成させるアワード「WASA」を発行中だ。…とは言っても、GLを調べるのは意外に大変。実は、QSL印刷メーカーの「アイカラー(株式会社諏訪印刷)」が、“住所”や“施設名”などのキーワードから一瞬でスクエアを検索表示する、ユニークなコーナーを同社Webサイト上に設置している。

 

国内GLのスクエア区分。ここからさらに細かく区分されている(JARL Webから)

国内GLのスクエア区分。ここからさらに細かく区分されている(JARL Webから)

 

 地球上を碁盤の目のように細分してその位置を示し、6桁で構成(アルファベット2桁+数字2桁+アルファベット2桁)されるグリッドロケーター(GL)。これはヨーロッパが発祥と言われ、現在は自局のGLをQSLカードに記載しているアマチュア無線家も多くなってきた。

 

 そこで便利なのが、QSLカード印刷メーカーの「アイカラー」がWebサイトで提供しているコーナーだ。なんと「住所」や「施設名」などのキーワードを入力するだけで、一瞬で目的地の地図と6桁のGLを表示するというサービスである。
 JARLのWASAアワードなどでGLを集めるアワードに挑戦中の人は、相手局の運用地のGLが気になるもの。このサイトで相手局の運用地のGLを掌握すれば、交信中に「そこのGLは○○と思われるので、確認してQSLカードに明記をお願いします」とリクエストすることもできるだろう。また、Turbo HAMLOGにあるGL欄を全部埋めたいという人にも役立つ。

 

 とにかく、相手局がアナウンスした「道の駅」の名称(例:「道の駅とみうら」)とか、海外の国名や地名、島の名前(例「ブーベ島」「ヒューストン」)などからでも、一発でGLが表示できるのは便利。データベースはGoogleMapを利用しているので、海外の名称でもカタカナで入力できる。なお、一度マーカーが表示されれば、それをマウスで動かして、位置を調整することも可能だ。
「マップを動かして、任意の場所のGLを表示する」とか「緯度経度を打ち込んでGLを算出・表示する」というサービスを提供するWebサイトは複数あるが、それらと併用してみると、GLに一層の興味が湧き、“GLハンティング”が楽しくなるかもしれない。まずは下記関連リンクから、アイカラーのサービスをチェックしてみてはいかがだろうか。

 

アイカラーが提供する「GL(グリッドロケーター)計算」サービスに、例えば「国会議事堂」と入力する

アイカラーが提供する「GL(グリッドロケーター)計算」サービスに、例えば「国会議事堂」と入力する

 

すると国会議事堂をGoogleMapが表示し、「GL:PM95UQ」と表示した。キーワード入力だけで一瞬にしてGLがわかって非常に便利

すると国会議事堂をGoogleMapが表示し、「GL:PM95UQ」と表示した。キーワード入力だけで一瞬にしてGLがわかって非常に便利

 

 

北海道の「宗谷岬」は「GL:QN05XM」と表示。一度マーカーが表示されれば、それをマウスで動かすことも可能

北海道の「宗谷岬」は「GL:QN05XM」と表示。一度マーカーが表示されれば、それをマウスで動かすことも可能

サイパンの「テニアン島」は「GL:QK25TA」。検索はカタカナでOK。もちろん、地図を拡大、縮小することもできる

サイパンの「テニアン島」は「GL:QK25TA」。検索はカタカナでOK。もちろん、地図を拡大、縮小することもできる

 

 

●関連リンク:

・GL(グリッドロケーター)計算(アイカラー)

・グリッド・ロケーターとは(JARL Web)

・WASA-V・U・SHFアワード(JARL Web)

・WASA-HFアワード(JARL Web)

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター