hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > 本日21時まで!「第34回全市全郡コンテスト」 各バンドで開催中


本日21時まで!「第34回全市全郡コンテスト」 各バンドで開催中

JARL主催の7大コンテストの1つ、「全市全郡コンテスト」が10月12日21時から24時間の日程で開催中だ。多数の局が参加しているが「HFハイバンドのコンディションがいまひとつ」との声もある。

 10月12日(土)21時00分から13日(日)21時00分までの日程で、JARL主催の「第34回全市全郡コンテスト」が、3.5/7/14/21/28/50/144/430MHz帯と、1200MHz帯以上の各アマチュアバンドで開催され、バンド内がコンテスト参加局で賑わっている。下の画像は13日午前11時にスペクトラムスコープで確認した7MHz帯CWのバンド混雑状況だ。コンテスト使用周波数帯の7.010~7.030MHzがほとんど隙間なく埋まっているのがわかる。

 

全市全郡コンテストで賑わう7MHz帯CWをIC-7800のスペクトラムスコープでチェック。コンテスト使用周波数の7.010~7.030MHzが見事に埋まっている

全市全郡コンテストで賑わう7MHz帯CWを、IC-7800のスペクトラムスコープ機能でチェック。コンテスト使用周波数の7.010~7.030MHzが見事に埋まっているのがわかる=10月13日11時撮影

 

 Twitterによるアマチュア無線家のつぶやきなどからは「参加局数が少ない感じがする」「昨年の同時間帯よりも総交信局数で1割減少」「HFハイバンドのコンディションがいまひとつ」といった声もあるようだが、貴局のエリアや参加部門ではいかがだろうか?

 なおビギナーやカムバック派のアマチュア無線家からは「コンテストの使用周波数帯がわかりづらい」という声もあるので、JARLのコンテスト規約にある「コンテスト使用周波数帯」をここに転記しておこう。

 残り約9時間、参加各局の健闘を祈りたい。

 

●JARL制定の「コンテスト使用周波数帯」(JARL Webより)

アマチュア
バンド
使用周波数帯
電 信
電 話
3.5MHz帯 3.510~3.525MHz 【AM/SSB】3.530~3.565MHz
7MHz帯 7.010~7.030MHz 【AM/SSB】7.060~7.140MHz
14MHz帯 14.050~14.080MHz 【AM/SSB】14.250~14.300MHz
21MHz帯 21.050~21.080MHz 【AM/SSB】21.350~21.450MHz
28MHz帯 28.050~28.080MHz 【AM/SSB】28.600~28.850MHz
【FM】29.200~29.300MHz
50MHz帯 50.250~50.300MHz 【AM/SSB】50.300~51.000MHz
【FM】51.000~52.000MHz
144MHz帯 144.050~144.090MHz 【AM/SSB】144.250~144.500MHz
【FM】144.750~145.600MHz
430MHz帯 430.050~430.090MHz 【AM/SSB】430.250~430.700MHz
【FM】432.100~434.000MHz

【注1】A2A電波による電信はAM/SSB、F2A電波による電信はFMの使用周波数帯とする。
【注2】51.000MHzは、FMの使用周波数帯とする。
*この周波数表記は、バンドプランの周波数表記方法と同じで、各周波数は電波のスペクトラムの境界を表わしています。 たとえば、7MHz帯のSSBでは 7.060-7.140となっていますが、7MHz帯においてはLSB電波を使用しますので、トランシーバの周波数表示(キャリアー表示)では7.063-7.140の間で運用しなければいけない…ということになります。

 

●関連リンク:

・第34回全市全郡コンテスト規約(JARL Web)

・市郡区番号リスト(JARL Web)
・2012年(第33回)開催の全市全郡コンテスト入賞局と得点リスト(JARL Web)

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター