hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > 【新製品速報】JVCケンウッド、GPSユニット内蔵の144/430MHz帯モービル機「TM-D710G」を発表


【新製品速報】JVCケンウッド、GPSユニット内蔵の144/430MHz帯モービル機「TM-D710G」を発表

株式会社JVCケンウッドは10月23日、操作部にGPSユニットを内蔵し、本格的なAPRS運用ができる144/430MHz帯FMモービル機、TM-D710Gシリーズを発表した。発売開始は11月中旬。

 

TM-D710Gシリーズ(JVCケンウッドのプレスリリースより)

TM-D710Gシリーズ(JVCケンウッドのプレスリリースより)

 

 JVCケンウッドは、ハムフェア2013の会場で参考出品した144/430MHz帯モービル機「TM-D710G」シリーズを、11月中旬から発売すると発表した。希望小売価格(税込)は20Wモデル・TM-D710Gが88,725円、50Wモデル・TM-D710GSが93,975円。
 同社が2007年に発売したAPRS対応のモービル機、TM-D710シリーズはAPRSの普及に大きく貢献したが、GPSアンテナが非搭載(オプション設定もなし)、モービルで位置情報を発信しながらAPRSを運用をするためには、一般に市販されているGPSアンテナを接続・設定する必要があった。今回のTM-D710Gシリーズは「モービル機でもGPSの接続を容易に行いたい」というユーザーからの要望を受けて開発されたもので、操作部にGPSユニットを内蔵している。

 

操作部に内蔵されたGPSユニット(JVCケンウッドのWebサイトより)

操作部に内蔵されたGPSユニット(JVCケンウッドのWebサイトより)

GPSロガー機能搭載、マークウェイポイント登録も100件まで可能(JVCケンウッドのWebサイトより)

GPSロガー機能搭載、マークウェイポイント登録も100件まで可能(JVCケンウッドのWebサイトより)

 

 

 

 

 

ハムフェア2013会場で参考出品されたTM-D710G=2013年8月24日撮影

ハムフェア2013会場で参考出品されたTM-D710G=2013年8月24日撮影

 

ハムフェア2013で参考出品された、TM-D710Gの動画リポートはこちら

 

同社プレスリリースによると、TM-D710Gシリーズの特徴は下記のとおり。

 

●TM-D710シリーズのおもな特徴(プレスリリースより)

 

1.GPSユニットを内蔵

移動局でのAPRS運用向けに、GPSユニットを操作パネルに内蔵しました。本格的なAPRS運用が本機単体で可能です。GPSロガー機能、マークウェイポイント機能、ターゲットポイント機能、自動時刻補正機能なども搭載し、GPSを使った運用の可能性を広げます。

 

・GPSロガー機能

最大5000ポイントの位置情報を本体内蔵メモリーへ保存できます。保存するタイミングは、時間間隔、移動距離、ビーコン 送信ポイントの3種類の中から指定が可能。また、メモリーコントロールプログラム「MCP-6A」※4でGPSログ情報をGoogle EarthTM地図サービスに対応したkmlファイル形式に変換できます。

※4:「MCP-6A」は、2013年11月中旬よりケンウッドWebサイトにて無償ダウンロード開始予定です。

 

・マークウェイポイント/マークウェイポイントリスト(100件登録可能)

現在位置の地点情報(緯度、経度、高度、時刻、ネーム、アイコン)をワンタッチで登録することが可能です。マークウェイポ イントリストでネームとアイコン情報の編集も可能です。

 

・ターゲットポイント機能

目標地点(最大5つまでプリセット可)までの距離と方角をリアルタイムに表示します。方角表示はノースアップ(北上)に加 え、分かりやすいヘディングアップ(進行方向上)へもワンタッチで切り替え可能です。

 

・グリッドスクウエアロケーター表示機能

自局位置のグリッドスクウエアロケーターを表示することが可能です。

 

・自動時刻補正

各種運用に必要な内蔵時計はGPSデータを使い自動補正します。

 

 

2.データ通信システム「APRS」を標準搭載

APRS開発者であるBob Bruninga(WB4APR)氏の協力により、APRSに対応したプログラムを開発。このプログラムとGPSを本体に内蔵※5することで、PCを必要としない手軽なAPRS運用を可能にしました。位置情報、方向/距離、気象情報などの情報を共有しメッセージの交換も可能です。

※5:外部GPSユニットの使用も可能。

 

 

3.データ通信システム「NAVITRA -ナビトラ」にも標準対応

受信したナビトラのパケットデータはAPRSパケットデータと同じステーションリストで扱われますので、最大100局まで保持します。ビーコンには、位置情報の他にカタカナ、英数字、記号で最大20文字のメッセージを埋め込み送信することができます。

 

 

4.AX.25準拠1200 / 9600bpsパケット対応TNC内蔵

AX.25準拠のTNC(Terminal Node Controller)を内蔵し、本体のみで本格的なAPRS、ナビトラの運用が可能 です。またPCに直接接続すれば、1200/9600bpsのパケット通信、IGate局の運用等が可能です。

 

 

5. EchoLink Sysopモード機能で、ノード局を運用

本機と、EchoLinkソフトウェアをインストールしたPCと接続してEchoLinkのノード局を簡単にセットアップで きます※6。IGate局やデジピーターとEchoLinkのノード局との同時運用も可能※7です。

※6:接続にはオプションのPC用ケーブルキット「PG-5H」が必要です。

※7:パケットモードで内蔵TNCとパソコンとを接続する場合は、EchoLink Sysopモードで使用する「PG-5H」のほかに、シリアル通信ケーブル「PG-5G」も必要です。

 

 

6.ノード局に簡単アクセス、EchoLink メモリー

最大10個のEchoLink専用DTMFメモリーに、コールサインとノード番号、制御コマンドなどを登録することがで きます。また、コールサイン・DTMF自動変換機能により、“Connect by call”や“Query by call”も簡単な操作で行うことができます。さらに、「MCP-6A」でEchoLinkメモリーの管理も可能です。なお、無線機からEchoLink のノード局にアクセスするだけの場合は、専用ソフトウェアやコールサインの登録は必要ありません。

 

 

7.大型セパレート式パネルで操作性が向上

操作性と設置自由度を重視したセパレート式の大型パネルは、各キーの機能を液晶に表示させることにより、 多彩な機能へすぐアクセスできます。車載用にはパネルアングルを、卓上用としてはベーススタンドを使用した 設置台と、2種類のパネル設置台を同梱しました。大型周波数表示は、フルドットマトリクス液晶を採用しLCD バックライトは、2色から選択可能です。

 

 

8.同一バンド内2波同時受信(V×V、U×U)機能

144MHz帯と430MHz帯の2波同時受信機能に加えて、同一バンド内の2波同時受信機能を持っています。

 

 

9.メモリーコントロールプログラム(「MCP-6A」)対応

メモリーコントロールプログラム「MCP-6A」を使えば、PC上でメモリーチャンネルやAPRS/ナビトラ、EchoLink各種 機能の設定、カスタムスタートアップ画面などのデータ作成・編集・管理をすることができます※8。PC接続用端子は、本体背面、パネル背面の2箇所あり、運用スタイルに合わせて使用できます。

※8:PCとの接続にはオプションの「PG-5G」または「PG-5H」が必要です。

 

 

10.ワイドバンド受信機能に空線信号キャンセラーを3波搭載

118~524MHz、800~1300MHzの広帯域受信機能を搭載。さらに、鉄道無線受信時に役立つ、3種類の空線信号キャンセラーに対応。

 

 

11.音声合成ユニット「VGS-1」(オプション)によるボイスガイド/ボイスストレージ対応

オプションの「VGS-1」を装着すると、キー操作を音声アナウンスにより確認できます(APRSメニューの内容も読 み上げ可能)。またボイスメッセージや30秒までの常時録音も可能です。

 

TM-D710G紹介ページ

JVCケンウッドのWebサイトに、TM-D710Gの紹介ページが開設された

 

 なお、TM-D710Gの詳細は下記関連リンクに掲載されている。

 

●関連リンク:

・144/430MHz FMデュアルバンダー「TM-D710G」シリーズを新発売(JVCケンウッド プレスリリース)
・TM-D710G商品ページ(JVCケンウッド)

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター