hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ソフトウエア情報 > <約3か月ぶりの更新>アマチュア無線業務日誌ソフト「Turbo HAMLOG」が7月30日にバージョンアップしてVer5.26を公開


<約3か月ぶりの更新>アマチュア無線業務日誌ソフト「Turbo HAMLOG」が7月30日にバージョンアップしてVer5.26を公開

アマチュア無線業務日誌のフリーソフトとして、多くの無線家に愛用されている「Turbo HAMLOG(通称「ハムログ」)」。今回、7月30日にそのWindows版の最新版として「Ver5.26」が公開された。前回の「Ver5.25c」の公開が2016年4月23日だったため、約3か月ぶりのバージョンアップとなる。

 

7月30日に公開されたTurbo HAMLOG Ver.5.26

7月30日に公開されたTurbo HAMLOG Ver.5.26

 

 

 

 JG1MOU・浜田氏が制作している「ハムログ」はフリーソフトであることはもちろん、直感的な操作性などで愛好者も多い。そのハムログの新バージョンアップが7月30日に公開された。

 

 今回の更新された内容は以下のとおり(同Webサイトから)。

 

 

 

Ver5.26 2016/7/30

 

・半自動インストール(Thw526.exe)を7-ZipからZip形式に変えてみました。

 

・文字列置換や複合条件検索で、大きすぎるレコード番号が入らないように修正。
・環境設定などのモーダルダイアログで、ヘルプにフォーカスが移らなかったのを修正しました。

 

・JCC/GコードをQTHの頭文字検索で入力するとき、QTH一覧の左端の数字キーで選択すると、距離と方位が違ってしまうので修正。

 

・QSOデータの圧縮バックアップで、一番古いバックアップが1つだけ残ってしまうので修正。

 

・ヒットしたらJPEG画像表示で、Windowsの仕様により他の画像も拾ってしまうことがあるので修正。

 

・ヒットしたらJPEG画像表示のフォルダ内に、プリフィックス2文字のフォルダを作成し、整理して置くこともアリとしました。詳しくは、環境設定の設定4でヘルプをご覧ください。

 

・ヒットしたらJPEG画像表示で、日付やコールサインの逆順表示を加えました。
・複合条件検索において、全角文字や半角カタカナが含まれるADIFフィールドは、文字が化けるので出力しない選択を設けました。全角英数字のみの場合は半角英数字に変換して出力します。

 

・環境設定2でQSOデータの共有オープンを選択している場合は、データのインポート、日付時間順にソート、QSOデータの一括削除、データ項目の幅変更 の操作で警告が出るようにしました。

 

・FiveQSO.QSLで、同一QSLマネージャ経由で異なる局とQSOしている場合、用紙を分けて印刷できるように#Readk命令など修正。

 

・ワイルドカードサーチで’7*’のように数字で始まるコールサインをサーチするとDX扱いになってしまうので修正。Tnx JP7CZE

 

・氏名やQTH欄などの全角文字列を含めた検索では、ワイルドカードは\*,\?をやめて、半角の*と?、全角の*と?を使用することとしました。

 

 

 

 

 

 

 

●関連リンク:
・Turbo HAMLOG/Win Ver5.26
・Turbo HAMLOGホームページ

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】