hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 台風情報 > <コンテストの移動運用には細心の注意を!>非常に強い勢力の台風、2週続けて日本列島上陸の公算

<コンテストの移動運用には細心の注意を!>非常に強い勢力の台風、2週続けて日本列島上陸の公算

2週続けて非常に強い台風が接近中だ。沖縄の南にある台風19号が、九州から四国、近畿、東海地方へ近づく可能性が高まりつつある。気象庁によると、10月12日(日)夜には九州の南に、その後は四国から近畿・東海地方に接近する可能性が高まってきたという。10日午前6時現在、中心付近の最大風速は50m/s、瞬間最大風速は70m/sという非常に強い勢力で、今後もあまり衰えずに日本列島へ接近する予想だ。おりしも10月11~12日は「全市全郡コンテスト」。移動運用には細心の注意が必要だ。

 

 

気象庁が発表した10月10日6時現在の台風19号進路予報

気象庁が発表した10月10日6時現在の台風19号進路予報

 

 気象庁が10月10日(金)6時に発表した情報によると、台風19号は沖縄の南を1時間におよそ10kmの速さで北へ進んでいる。中心の気圧は920hPa、中心付近の最大風速は50m/s、最大瞬間風速は70m/sで、中心から560km以内では風速15m以上の強風が吹いている。

 この台風は今後、向きを東寄りに変え、10月13日(月)3時には九州の南の北緯29度25分、東経129度20分を中心とする半径300kmの円内に達する見込みだ。中心の気圧は950hpa、中心付近の最大風速は40m/s、最大瞬間風速は60m/sが予想され、予報円の中心から430km以内では風速25m以上の暴風域に入るおそれがある。

 

 台風はその後進路を東よりに変え、13日には四国沖から近畿地方に接近、14日には近畿または東海地方に上陸する可能性が高い。勢力が非常に強く、最大瞬間風速も60m/sと極めて強いことや、暴風・強風の範囲が広いことから厳重な警戒が必要だ。
 おりしも10月11日(土)21時から24時間は「全市全郡コンテスト」だが、移動運用には細心の注意をはらい、風雨の状況によっては移動の中止や撤収も検討する必要があるだろう。また固定局も最新の情報に注意しつつ、アンテナやタワーの強風に対する備え、万一の停電のためにバッテリーやハンディ機の準備、受信機やラジオなどの情報収集手段の確保、避難方法の確認などを早めに進めておきたい。

 

 

●関連リンク:台風情報(気象庁)

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」