hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > 10月29日に開催された「2016 CQ World Wide DX Contest(SSB部門)」の暫定結果を早くも公表


10月29日に開催された「2016 CQ World Wide DX Contest(SSB部門)」の暫定結果を早くも公表

10月29日(土)午前9時(日本時間)から48時間の日程で開催された「2016 CQ World Wide DX Contest(SSB部門)」。コンディションがイマイチの中、コンテスト期間中は多くのコンテスターで各バンドが賑わった。このほど主催者のWebサイトに生スコアの集計を終えた暫定結果が公表された。

 

「2016 CQ World Wide DX Contest(SSB部門)」Webサイトには早くも暫定結果が公表されている

「2016 CQ World Wide DX Contest(SSB部門)」Webサイトには早くも暫定結果が公表されている

 

 

 世界規模のDXコンテストとして有名なUS CQマガジン主催の「CQ World Wide DX Contest」。そのSSB部門の暫定結果が開催から9日足らずで早くも公開された。

 

 とくに昨年から「得点上位者は正確な周波数でのログを提出することを要求される」など、公平性を期するために新たなルールが適用されている(2015年5月6日記事)。

 

 

↓新ルールはここをチェック!

 

<「得点上位者は正確な周波数を記載しログ提出」など>この秋から実施! 世界的に有名な「CQ World Wide DX Contest」のルール変更案を公表

 

 

 公開されているのは全世界、ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカ、アジア、アフリカ、オセアニアの地域別に、各部門のランキングとポイント。あくまで「Raw Scores Before Checking=チェックする前の生スコア」ではあるが、エントリーした局にとって一喜一憂するデータであることには間違いない。

 

 詳しくは「2016 CQ WW SSB Contest Raw Scores Before Checking」をチェックしてほしい。

 

 

●関連リンク:2016 CQ WW SSB Contest Raw Scores Before Checking

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ソニー ハンディーポータブルラジオ「ICF-P36」               ※300件以上のレビューあり!