hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > 【KANHAM2017】<2日間で過去最高の9,500人が来場>「第22回 関西アマチュア無線フェスティバル」2日目(7月16日)の会場スナップ


【KANHAM2017】<2日間で過去最高の9,500人が来場>「第22回 関西アマチュア無線フェスティバル」2日目(7月16日)の会場スナップ

2017年の「第22回 関西アマチュア無線フェスティバル」は2日間好天に恵まれ、無事に閉幕した。主催者側によると、今回の入場者数は初日の7月15日(土)が5,500名、2日目の16日(日)が4,000名の合計9,500名で過去最高を記録したという。その2日目の会場スナップを紹介しよう(1日目のスナップはこちら)。

 

 

 

 KAMHAMの名物といえば、関西のJARL関係者などが登壇しテレビの人気番組さながらの“言いたい放題”を行う「JARLそこまで言って委員会」だ。今年も16日の10時30分から小ホールで行われ、JARL大阪府支部長であるJR3QHQ 田中氏の司会で「“ハム資格を持たない小中学生にも記念局の運用体験を”という要望書を携え、田中氏ら関ハムと関西ARISSの関係者が総務副大臣に面会した際、制度の実現には“JARLとしての要望書”が必要と言われた。JARL本部にすぐそれを報告したが、いまだに提出されていない」という件や、「理事の“75歳定年制”と“重任制限”に関する覚書を見直す動き」などをテーマに取り上げた。

 

「JARLそこまで言って委員会」の模様。壇上で着席しているのはJARL社員ら。理事・監事は客席の最前列に着席中

 

 さらに今年のJARL定時社員総会の第1号議題で「前任の関東地方本部長による不適切な会計処理」と指摘された問題について取り上げ、当事者である前・関東地方本部長のJH1XUP 前田氏が「通常総会で言われているようなことはまったく事実ではない」とし、以下の要旨を語った。

 

司会からの指名により、会計処理問題について説明する前田氏

 

「本部長の予算は毎年決まっている。お金そのものは会計が通帳に持っている。地方本部長はいろいろ使ったお金の領収書を会計に出し、会計が地方本部長に振り込む仕組みになっている。会計監査もいるので勝手な飲み食いなどはできない。
 今回問題になったのは、地方本部長の交通費と、ハムフェアに関東地方本部がブース出展した際のパネル費用(計9万円)。そういうものがある意味で予算を少し超えた。これらは3月に期末となるので、どこの地方本部も3月で決算する。3月で切れたものを4月に精算した。
 しかし(通常選挙がある年の)4月からは、次の地方本部長が担当することになる。ところが実際は次の地方本部長は6月まで決まらない。だからどこの地方本部でも、4月・5月・6月の予算は、前の期の本部長が執行せざるを得ない。そのため、前の期で多少の赤字があったものを次の期で補充した。
 私も会社をやっているが、こういう処理は不思議なことではない。(当年度の)予算の中できちんと吸収できればそれに越したことはないが、必要な経費は使わざるを得ない。たまたま期末に赤字になったので、次の期で補填したに過ぎない。
 それについて、最初は監事から“未払い処理をするべきだ”という話があったが、JARLには未払い処理の規定がなく、未払い処理の伝票もないのでやりようがなかった。変な目的で使った費用ではなく、その点でも問題はない」

 

 なお「JARLそこまで言って委員会」の内容は、JJ1WTL 本林氏のブログに詳細なメモが掲載されている(本記事末尾にある関連リンク参照)。

 

 

 そのほか、会場内の模様をスナップで紹介していこう。

 

JARDは「新スプリアス対応について」を講演

池田市立カルチャープラザでは全国高等学校アマチュア無線連盟(高ア連)が生徒交流会を開催

池田市立カルチャープラザで行われた、アイコムのIC-7610特別視聴会の講演(開始前のフォトセッションで撮影)

屋上に設置されたアンテナを使って、IC-7610の操作体験が行えるコーナーを設置

池田市民文化会館の会議室で開かれた「自作名人激集合」コーナー

JG3ADQ 永井氏による「144MHzSSB縦型トランシーバー」と「144MHzSSBハンディトランシーバー」

JA3GTG局の「透過型フォトセンサー利用の無接点化パドル」

月刊FBニュースのブースでは、FB Girls Radio Club(JL3ZGL)のメンバーがクラブ局を交代で運用

ハンドクラフターズの販売ブース。懐かしいBCLラジオやCB機も登場

大阪無線の販売ブース。中古無線機が豊富

泉州サバイバルハムクラブは7MHz帯のツエップアンテナを手ごろな価格で販売

GHDキーでは木製ベースのパドルを限定品として販売した

衣装ケースに組み込んだ、水銀蒸気整流管の2H66を使った高圧両波整流回路(パナソニックアマチュア無線クラブ)

半透明の衣装ケース越しに、水銀蒸気整流管・2H66が美しく発光する様子が見られた

隣接の豊島野公園で行われたフリーマーケットも賑やかだった

豊島野公園入口に設置された熱中症予防のための温度と暑さ指数計。猛暑のため見るたびに数値が上がっていく。WBGT(暑さ指数)の「30℃」は熱中症の厳重警戒レベルだ

フリーマーケットに出店したBSB研究所の50MHz帯AMトランシーバー。基板のみ300円で頒布していた

JAMSATの衛星通信デモ運用コーナー。アンテナはナガラ電子の新製品「SPACE2549」(144MHz帯5エレ、430MHz帯9エレ)のスタック

 

 

 

●関連リンク:
・第22回 関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM2017)
・Log: JARLそこまで言って委員会(JJ1WTL 本林氏のブログ「CIC」)

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】