hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > <茨城と九州VEチーム、ハムイベント会場で実施!>日本で受験できる米国アマチュア無線の資格試験2018年スケジュール


<茨城と九州VEチーム、ハムイベント会場で実施!>日本で受験できる米国アマチュア無線の資格試験2018年スケジュール

アメリカのアマチュア無線資格を日本国内で取得できる試験が、ボランティア試験官(VE=Volunteer Examiner)の資格を持つ人たちの団体「VEチーム」により、全国各地で定期的に実施されている。今回、茨城VEチームと九州VEチームでは、アマチュア無線のイベントにあわせて試験会場を用意。試験を受けやすい配慮を行っている。全国各地のVEチームが発表している最新スケジュールをお届けしよう。

 

 

試験実施組織(VEC)のひとつ、W5YI-VECのロゴマーク

 

 現在、アメリカのアマチュア無線資格で試験が実施されているのは、初級の「Technician Class」、中間に位置する「General Class」、そして最上級クラス「Extra Class」の3つ。

 

 その試験実施のために「ARRL」や「W5YI」などの試験実施組織(VEC)があり、ここに所属するVEチームによって、日本国内でも試験が行われているが、2017年9月7日からアメリカのアマチュア無線資格試験のための申込書「FORM 605(NCVEC QUICK-FORM 605)」の一部書式が変更された。

 

 実施された、アマチュア無線資格試験のための申込書「FORM 605(NCVEC QUICK-FORM 605)」の一部書式変更については、ブログ「<<梅>>備忘録 ~Random Walk~」などに詳しく書かれているので参考にするといいだろう。

 

 

・FCC試験でのFORM-605変更(<<梅>>備忘録 ~Random Walk~)


・New FCC Form 605 Will Ask Applicants “the Felony Question” from Sep.7th.(ARRL)

 

 

 なお、チームごとに受験の申し込み期限が設定されている。申込者がいない場合は中止になったり、為替相場の変動により受験料が変更される場合もあるので最新の情報を入手に心がけよう。

 

 

●VEチーム試験スケジュール(hamlife.jp調べ:2018年1月25日現在)

 

 

 

 個々のVEチームにより必要な書類など異なるものの、「横須賀・逗子VEチーム」のWebサイトには「試験に当っての注意事項(受験当日に必要な書類)」「ライセンスを失効した方の救済処置について」など詳しい。

 

 また横浜VEチームのWebサイトでは、「受験日に必要なもの」として以下が挙げられている。

 

(1)受験料(お釣りのないように準備してください)
(2)本人確認のため、「パスポート」「米国各州の運転免許証」等の公的証明書
(3)FCC 免許の原本とコピー1部(現在有効な FCC 免許をお持ちの場合)
(4)CSCE(合格証明書)の原本とコピー1部(現在有効な CSCE をお持ちの場合)
(5)その他、科目免除を証明する書類等の原本とコピー1部(該当者の場合)
(6)筆記用具、電卓等

 

※ 受験にあたってはアメリカ国内に郵便を受け取る住所(メーリング・アドレス)があること、ならびにFCCの発給する「FRN (FCC Registration Number)」の取得が必要です。

 

 

 

 実際の試験に関しては、申し込み方法(締め切り日ほか)や当日用意する書類、受験料、支払い方法など、VEチームごとに細かな違いがあるため、必ず下記のVEチームWebサイトにアクセスして、内容の確認を行ってほしい。

 

 

●日本でアメリカのアマチュア無線資格試験を行っているVEチームの例

 

・札幌(W5YI) http://sapporo.aprs2.net:81/vec/

・みちのく(ARRL) http://www5.plala.or.jp/team_michinoku/

・群馬(W5YI) http://www.gunma-dx.org/vec/ve_index.htm

・茨城(ARRL) http://ve-ibaraki.net/?page_id=2

・東京(ARRL) https://sites.google.com/site/fccarrltokyovet/

・横浜(ARRL) http://echo.ne.jp/FCC/index_j.html

・横須賀-逗子(ARRL)http://yzveteam.blog.fc2.com/

・神戸(ARRL) http://www.ve-kobe.info/

・四国(ARRL)http://ve-shikoku.seesaa.net/

・九州(W5YI) http://kyushu.ddo.jp/w5yi-info-j.htm

※名古屋VEチームは2016年6月末で活動を停止している

 

・Find an Amateur Radio License Exam in Your Area(ARRL)

 

 

●関連リンク:
・FCC試験問題(Question pool)(ARRL Webサイト)
・FCC試験問題(Question pool)ダウンロード(ARRL Webサイト)
・W5YI Group
・M.A.M Activity Log Site FCCライセンス取得記

 

 

 

●おすすめ記事:

タグ: , ,
25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】