hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > 【速報】<FT-818NDや「新・無線デモカー」も展示>過去最高の2,100名が参加、「第17回西日本ハムフェア」の模様


【速報】<FT-818NDや「新・無線デモカー」も展示>過去最高の2,100名が参加、「第17回西日本ハムフェア」の模様

2018年3月4日、福岡県京都郡苅田町の日産自動車九州株式会社の体育館とゲストホールで、JARL九州地方本部主催による「第17回西日本ハムフェア」が開催された。その模様を速報写真で紹介する。また会場内で撮影したブースなどの写真は後日掲載の予定だ。

 

 

今年も大混雑となった「第17回西日本ハムフェア」の会場風景

 

 

 東京の「ハムフェア(アマチュア無線フェスティバル)」、大阪の「関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM)」と並び、日本の“3大ハムフェア”の1つとされる「西日本ハムフェア」。当初は各県持ち回り、2006年からは熊本県で開催されていたが、2014年以降は会場を福岡県京都郡苅田町の日産自動車九州株式会社体育館・ゲストホールに移し、年々来場者を増やしている。

 

 今年も九州各県をはじめとする西日本各地から多数の来場者があり、体育館の中は大混雑となった。主催者側の発表で来場者は昨年を100名上回る、過去最高の2,100名となった。今回は八重洲無線が新製品のHF~430MHz帯ポータブル機「FT-818ND」を初展示したほか、屋外では第一電波工業が軽自動車をベースにした無線仕様のキャンピングカー「NEWダイアモンド号」を展示したことが注目を集めた。なおhamlife.jpでは、会場内で撮影した多数の写真を近く掲載の予定だ。

 

 

開幕セレモニーであいさつする髙尾JARL会長(JG1KTC)

会場の日産自動車九州株式会社の体育館前風景

軽自動車ベースの無線デモカーを第一電波工業が展示

新・無線デモカー「NEWダイアモンド号」の内部。軽自動車とは思えないほどのスペースだ

運転席にも無線機を搭載

賑わうクラブコーナー

メーカー展示と販売店コーナー

八重洲無線は新製品のFT-818NDを初展示

FT-818NDの説明パネル

演歌歌手、水田かおり(JI1BTL)のミニステージ

シンガーソングライター、渡部まいこ(JJ0SDQ)のミニステージ

「ブーベ島DXペディション」参加メンバーのJR4OZR 久木田氏も無事帰国し、元気な姿を見せた

ゲストホールで行われた「スプリアス確認保証」に関するJARDの講演

八重洲無線の講演ではFT-818NDに関しての解説も行われた

アイコムによるIC-7610の講演

髙尾JARL会長による講演では連盟の現状についての説明があった

髙尾JARL会長による講演より

珍しい海外製50MHz機の展示

ラジオパーツジャパンでは各種の新製品を展示。オススメはコンパクトなマルチバンドアンテナだという

別室ではVEによるFCC試験も実施

ステージ上では電子工作教室も実施

最後は恒例のビンゴゲームが行われた

会場の外には6台の発電機を設置し、イベントの電源をまかなった

 

 

 

●関連リンク:
・第17回 西日本ハムフェア
・第17回西日本ハムフェア事務局だより

 

 

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」