hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > <電波型式は「電信」のみ、今回のログ提出は電子メールのみ>電通大クラブ、7月18日(土)17時から20時まで「第39回 電通大コンテスト」を開催

<電波型式は「電信」のみ、今回のログ提出は電子メールのみ>電通大クラブ、7月18日(土)17時から20時まで「第39回 電通大コンテスト」を開催

電通大クラブ(電気通信大学無線部、JA1ZGP)は、2020年7月18日(土)17時から20時までの3時間にわたり、3.5/7/14/21/28/50MHz 帯のJARL主催コンテスト使用周波数帯の電信において、国内のアマチュア無線局およびSWLを対象として「第39回 電通大コンテスト」を開催する。

 

 

 

 呼び出し方法は「CQ UEC TEST」、ナンバー交換は「RST符号による相手局のシグナルレポート」+「都府県支庁ナンバー」+「従事者資格コード」となる。

 

 参加部門は任意の2バンド以上を使用する「オールバンド部門」、3.5/7/14/21/28/50MHz帯の中から1つ選ぶ「シングルバンド部門」、そして「SWL」の3つ。参加できる部門はどちらか1部門。シングルバンド部門に参加する局は異なる2つのバンドまでログ提出できるが、その場合のログ提出はバンドごと2通に分けて電子メールで送信する必要がある。

 

 本コンテスト開催中に、インターネットなどを通じて外部からの運用情報の入手、外部への運用情報の発信を行うことは禁止。使用が発覚した場合、該当局は失格となる。

 

 なお、ログ提出は8月31日(月)まで。今年は新型コロナウイルスの影響で大学への登学が制限されていることから、書類は電子メールのみの受付となっている(電子メールはテキスト形式で送ること)。詳しくは「第39回 電通大コンテスト規約」で確認してほしい。

 

 

「第39回 電通大コンテスト」の規約(一部抜粋)

 

 

 

●関連リンク:
・第39回 電通大コンテスト規約(PDF形式)
・第39回 電通大コンテスト規約
・電気通信大学無線部

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」