hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 事件・事故 > 竜巻に為す術もなく折れ曲がるHF帯八木アンテナの映像が「とくダネ!」で流れる


竜巻に為す術もなく折れ曲がるHF帯八木アンテナの映像が「とくダネ!」で流れる

9月2日午後2時ごろ、埼玉県越谷市や千葉県野田市などで竜巻とみられる突風が吹き、多くの民家や中学校の体育館の屋根が吹き飛ばされるなど、甚大な被害をもたらした。その様子を放送したフジテレビ系「とくダネ!」の番組内で、強風に煽られアメのように曲がっていくタワー上のアマチュア無線の八木アンテナが偶然にも映しだされていた。

 

 

画面右側にそのタワーとアンテナ群が見える。すでに崩壊が始まっている(「とくダネ!」の映像から)

画面右側にそのタワーとアンテナ群が見える。すでに崩壊が始まっている(「とくダネ!」の映像から)

 

 竜巻は埼玉県越谷市で発生し北東方向へ進み、千葉県野田市に至る13.8kmに渡って被害をもたらした。竜巻発生から翌3日の朝のワイドショー番組では、その被害状況を時間をかけてリポート。フジテレビ系「とくダネ!」では、偶然にも走行中の車内から撮影したと思われる、地上高20mHあるタワーに設置されたアマチュア無線のマルチバンドHF帯八木アンテナや、トップに取り付けたれたV・UHF帯のGPアンテナが、強風に煽られ無残にもアメのように折れ曲がっていく映像を数回に渡って流した。

 

竜巻が通過した部分は電柱も折れ曲がり、屋根も吹き飛ばされている(「とくダネ!」の映像から)

竜巻が通過した部分は電柱も折れ曲がり、屋根も吹き飛ばされている(「とくダネ!」の映像から)

現地の様子を生中継するリポータ(「とくダネ!」の映像から)

現地の様子を生中継するリポータ(「とくダネ!」の映像から)

越谷では南南西風で最大瞬間風速14.3m/sという気象庁の発表(「とくダネ!」の映像から)

越谷では南南西風で最大瞬間風速14.3m/sという気象庁の発表(「とくダネ!」の映像から)

埼玉県から千葉県に至るまで、県境もまたいで竜巻は通過していった(「とくダネ!」の映像から)

埼玉県から千葉県に至るまで、県境もまたいで竜巻は通過していった(「とくダネ!」の映像から)

タワー自体はしっかりしているように見えるが、一方のアンテナは強風に為す術もない(「とくダネ!」の映像を一部拡大)

タワー自体はしっかりしているように見えるが、一方のアンテナは強風に為す術もない(「とくダネ!」の映像を一部拡大)

 

●関連リンク:

・朝日新聞デジタル「埼玉・千葉で竜巻 67人けが、547棟に被害」(動画あり)

とくダネ!

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター