hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <65~108MHzのFMラジオ受信も可能>八重洲無線、米国サイトで新ハンディ機「FT-65R」「FT-25R」を発表


<65~108MHzのFMラジオ受信も可能>八重洲無線、米国サイトで新ハンディ機「FT-65R」「FT-25R」を発表

八重洲無線の米国子会社であるYaesu USA, Inc.は2017年2月8日、Webサイトで144/430MHz帯のハンディ機「FT-65R」と、同一デザインの144MHz帯モノバンドハンディ機「FT-25R」を発表した。いずれもFMモードの送受信に対応するほか、65~108MHzのFMラジオ受信も可能。同モデルは「USA」「ヨーロッパ」「アジア」の3バージョンが存在するが日本国内でも発売されるかは未確認だ。

 

 

YAESU USAが発表した新製品、FT-25R(左)とFT-65R(右)

 

 

 YAESU USAのWebサイトに掲載された概要と資料から、144/430MHz帯2バンドモデルであるFT-65Rの概要を紹介しよう。

 

★FT-65Rの概要

 

◆サイズ:52.5×104.5×31mm(突起物、アンテナ含まず)

 

◆重量:約260g(バッテリー、アンテナ含む)

 

◆周波数範囲(USAバージョン):
 受信 136~174MHz、400~480MHz、FM放送65~108MHz
 送信 144~148MHz、430~450MHz
 ※ほかに「ヨーロッパバージョン」「アジアバージョン」あり

 

◆電波型式:F2D、F3E

 

◆周波数ステップ:5/6.25/10/12.5/15/20/25/50/100kHz

 

◆送信出力:5/2.5/0.5W

 

◆電源電圧:7.4V DC
 (付属の1950mAhリチウムイオン電池で9時間の連続運用可能、オプションで2,500mAhのリチウムイオン電池も設定有)

 

◆オーディオ出力:0.8W(10&歪み率)、最大出力1W

 

◆その他:
・受信部はダイレクトコンバージョン方式
・新デザインの大型ディスプレイで視認性抜群
・LEDフラッシュライト搭載
・4つのクイックリコールキー(QRK)採用、ボタンを押すだけで希望のチャンネルを即座に呼出可能
・オプションのイヤピースマイクロホンでVOX運用可能
・VFOスキャン、メモリースキャン、プライオリティチャンネルスキャン、ウェザーアラートスキャン搭載
・200スタンダードメモリー、3ホームチャンネル、10バンドエッジメモリー、10メモリーバンクなどを装備
・FMラジオ受信可能
・CTCSS/DCS対応
・パソコンコントロール、クローン機能搭載
・オートパワーオフ、送信タイムアウトタイマー機能
・エマージェンシー オペレーション機能(アラーム、SOSフラッシュ、ホームチャンネル表示)搭載
・IP54、MIL-810-C、D、Eの防滴、振動、落下、防滴、湿度規格に合致

 

 なお、FT-65R/FT-25Rが日本国内でも発売されるか、現時点では情報がない。「海外専用モデル」の可能性もあるので注意が必要だ。

 

 

 

●関連リンク:
・FT-65R(YAESU USA)
・FT-25R(YAESU USA)

 

 

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター