hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > 【写真で見る】<やわらかく、しなやかな打感が特徴>CQオーム、GHDキーとのコラボで新パドル「CW-EPO」を発売へ


【写真で見る】<やわらかく、しなやかな打感が特徴>CQオーム、GHDキーとのコラボで新パドル「CW-EPO」を発売へ

全国通販も手がける、岐阜県岐阜市のアマチュア無線ショップ・CQオームは、電鍵メーカーのGHDキーと共同開発したエレキー用パドルの新製品「CW-EPO(エポ)」を4月1日から発売する。世界初の中空傾斜接点構造の採用で、金属軸にもかかわらず“やわらかく、しなやかな打感”を実現したのが特徴。価格は27,800円(税別)だが、3月中の予約注文に限り26,800円(税別)となる。

 

 

CQオームとGHDキーのコラボパドル「CW-EPO」(試作品)

CQオームとGHDキーのコラボパドル「CW-EPO」(試作品)

 

 

 CQオームは2013年に、GHDキーとのコラボレーション商品第1弾としてエレキー用パドル「CW-ONE」(税込13,165円)の発売を開始、これまでに販売台数が550台を超える大ヒット商品となった。続くコラボ第2弾として企画されたのが“CW-ONEの上位機種”となる、この「CW-EPO」だ。
 サイズは75mm×75mmで、重量は約650g(追加台座装着時は800g)、底面にはゴム足が4つつき、無線機との接続に使える3.5φステレオジャックを装備している。
 最大の特徴は世界初となる「中空傾斜接点構造」。金属軸にもかかわらず、これまでのパドルにはなかった「やわらかく、しなやかな打感」を実現。打感は無段階で調整することも可能だ。
 すでにCQオームのブログやWebサイトには、CW-EPOを試用したアマチュア無線家からのリポートや推薦文などが掲載されている。

★CW-EPOの特徴とスペック

 

◆特徴:
・中空傾斜接点構造採用
・金属軸だがこれまでにない「しなやかな打感」を実現
・接点スライダー構造で、打感を無段階調整可能
・台座は鏡面加工
・ロゴプレートつき
・Lレンチ収納機構つき
・下面フラットなので台座も自作容易

 

◆スペック:
 サイズ 75mm×75mm
 重量 約650g(追加台座装着時は800g)
 ゴム足 4つタイプ
 3.5φステレオジャック付

 

◆オプション:
・無線機との接続ケーブル
・追加台座(製作予定)
・専用カバー(製作予定)

 

CW-EPO(左)はコラボ第1弾のCW-ONE(右)よりも小さい

CW-EPO(左)はコラボ第1弾のCW-ONE(右)よりも小さい

 

底部には150gの重量増が図れる「追加台座(オプションで発売予定)」を装着可能。底面がフラットなので自作も容易だ

底部には150gの重量増が図れる「追加台座(オプションで発売予定)」を装着可能。底面がフラットなので台座部分の自作も容易だ

 

ツマミから伸びる太い金属軸と平行に配置された金属板が特徴。接点に触れるのは金属板のほうで、これが打感の「やわらかさ」を生み出す秘密だ

ツマミから伸びる太い金属軸と平行に配置された金属板が特徴。接点に触れるのは金属板のほうで、これが打感の「やわらかさ」を生み出す秘密だ

 

接点は、金属軸や金属板と「直角」ではなく、斜めに角度をつけて接する仕組み(中空傾斜接点構造)だ

接点は、金属軸や金属板と「直角」ではなく、斜めに角度をつけて接する仕組み(中空傾斜接点構造)だ

 

 CW-EPOの販売価格は27,800円(税別)だが、2015年3月中の予約注文に限り26,800円(税別)となる。製品詳細と試用リポート、予約注文は下記関連リンクより。

 

●関連リンク:
・CW-EPO GHDキー×CQオームコラボパドル第二弾(CQオーム)
・「CW-EPO」試用リポート 第1弾 外観編(CQオームブログ)
・「CW-EPO」試用リポート 第2弾 実際の使用感編(CQオームブログ)
・GHDキー

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」