hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > D-STAR > 【追記:4月26日打ち上げ成功】<DVモードの中継器を搭載>史上初の「D-STAR衛星」! 南米仏領ギアナから4月22日に打ち上げを予定

【追記:4月26日打ち上げ成功】<DVモードの中継器を搭載>史上初の「D-STAR衛星」! 南米仏領ギアナから4月22日に打ち上げを予定

次世代の航空宇宙のプロを教育するという一環として、欧州宇宙機関(ESA:European Space Agency)が進めている「あなたの衛星を飛ばしてください(FYS)プログラム」の中で、3組の学生チームが開発したアマチュア無線の送信機を搭載した超小型衛星3機が南米仏領ギアナから4月22日に打ち上げる予定だ。今回の打ち上げでは、ベルギーのリエージュ大学の学生が製作した衛星に、史上初となるD-STAR DVモードの中継器が搭載される。

 

 

<4月27日追記>この衛星を載せたソユーズロケットVS-14は、2度の打ち上げ延期後、日本時間で4月26日(火)午前6時2分にギアナ宇宙センターから打ち上げられ、各衛星は軌道に投入された。すでにビーコンなども確認されているという。

 

 

ソユーズロケットVS-14の打ち上げ風景(写真(C)ESA)

ソユーズロケットVS-14の打ち上げ風景(写真(C)ESA)

 


 

 

 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)の「NEWS TOPICS INFORMATION」によると、「アマチュア無線の送信機を搭載した1Uサイズ(10×10×10cm)の3機のCubeSatの打ち上げが、2016年4月22日に予定されています。3つの衛星は高度453×644km、軌道傾斜角98.2度の軌道に投入される予定です」としている。

 

史上初のD-STAR DVモードの中継器を搭載している「OUFTI-1」

史上初のD-STAR DVモードの中継器を搭載している「OUFTI-1」

 

 

 衛星は史上初のD-STAR DVモードの中継器を搭載する「OUFTI-1」、そのほか「E-st@r-II」「AAUSAT-4」の3機。周波数は以下のとおり。

 

 

【OUFTI-1】
・ダウンリンク:145.950MHz FSK AX.25 and D-STAR
・アップリンク:435.045MHz(D-STAR)
・CWビーコン:145.980MHz
http://events.ulg.ac.be/oufti-1

 

【E-st@r-II】
・ダウンリンク:437.485MHz CW and 1200bps AFSK
http://www.cubesatteam-polito.com/

 

【AAUSAT-4】
・ダウンリンク:437.425MHz

 

 

 

 

 

●関連リンク:
・NEWS FLASH「D-STAR搭載衛星が打ち上げに」(JARL Web)
・First-Ever D-STAR Satellite to Launch in April(ARRL NEWS)
・Tag Archives: TabletSat-Aurora(AMSAT-UK)
・欧州宇宙機関(ウィキペディア)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」