hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 特集 > ハムフェア2016 > <トランシーバーか受信機か!?>アイコム、「ハムフェア2016」会場での“新製品サプライズ発表”を予告!!

<トランシーバーか受信機か!?>アイコム、「ハムフェア2016」会場での“新製品サプライズ発表”を予告!!

アイコム株式会社は2016年8月12日、今年の「ハムフェア2016」会場で、新製品を“サプライズ発表”することを公式Facebookページで告知し、そのシルエット画像を公開した。

 

 

 

 アイコムは昨年、「ハムフェア2015」の同社ブース情報を伝える「アイコム@ハムフェア2015」と題したFacebookページを開設したが、今年のハムフェア開催を前にした2016年6月20日に全面リニューアルが施され、同社公式Facebookページ「アイコム株式会社」のタイトルで情報発信が行われている。

 

 その同ページが8月12日にハンディタイプの製品のシルエット画像を掲載。8月20~21日に開催される「ハムフェア2016」のブースで、新製品の“サプライズ発表”が行われることを告知した。

 

 

アイコム株式会社のFacebookページより

アイコム株式会社Facebookページより

 

 

 公開されたシルエット画像は、同社の主力製品であるD-STAR対応のハンディトランシーバー「ID-51」や「ID-31」よりも全長(高さ)があり、アンテナと思われる部分はベースコイル部が大きく、エレメントはかなり細いように見受けられる。また上部にはツマミ類が1組しか見られないようだ。

 

 画像に添えられたテキストには「ハムフェア2016まであと8日。ことしのサプライズは……このシルエットです。あの機種の後継機、となります。その正体は、ぜひハムフェア2016の会場で!」とある。

 

“あの機種の後継機”という表現とアンテナや全体の形状から、すでに生産を完了したハンディタイプの広帯域受信機、「IC-R20」の後継モデルではないかとする意見や、しばらく新製品が登場していないアナログFMハンディ機、あるいは次期D-STARハンディ機では…と想像する無線家もいる。当日の同社ブースでの“サプライズ発表”が楽しみな一台だ。

 

 アイコム株式会社のFacebookページは下記関連リンクから。Facebookユーザーは「いいね!」をつけて、今後も最新情報が得られるようにしておくと便利だろう。

 

 

 

●関連リンク:アイコム株式会社 Facebookページ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」