hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > <出力5W以下で運用するQRP局が対象>11月3日(木・祝)9時から12時間、「JARL QRP Club 60周年記念2016年QRPコンテスト」開催


<出力5W以下で運用するQRP局が対象>11月3日(木・祝)9時から12時間、「JARL QRP Club 60周年記念2016年QRPコンテスト」開催

JARL QRP Clubは、2016年11月3日(木・祝)9時から21時までの12時間にわたり、QRP(空中線電力5W以下)で運用する国内のアマチュア無線局を対象に、1.9/3.5/7/14/21/28/50MHz帯の各アマチュアバンドの電信と電話で「JARL QRP Club 60周年記念 2016年QRPコンテスト」を開催する。なお今回は同クラブ60周年記念にちなみ、自作機部門、一般部門のそれぞれで最も多くの総得点を上げた局に対して、クラブが頒布するキットを賞品として「JP60」が贈られる。

 

 

 

 このコンテストの参加資格および交信相手局は、QRPで運用する国内のアマチュア無線局。本年はJARL QRP Clubが発足してから60周年を迎えたことを祝し、記念コンテストとして開催される。

 

 参加部門は、「電信電話シングルバンド部門」と「電信電話マルチバンド部門」に分かれ、それぞれ種目として各バンドで使用する無線機の送受信部ともにメーカー製である「一般」と、各バンドで使用する無線機の送受信部のいずれか一方または両方がメーカー製以外の「自作機」がある。

 

 ナンバー交換は、「RS(T)による相手局のシグナルレポート」+「自局の運用場所を示す都府県地域ナンバー」+「QRPを表すアルファベット“P”」を送る。

 

 ログ提出は11月23日(水・祝)まで(郵送は必着)。電子ログでも受け付けている。詳しくは下記の関連リンクからJARL QRP Club「2016年QRPコンテスト規約」で確認してほしい。

 

 

「JARL QRP Club 60周年記念2016年QRPコンテスト」の規約(一部抜粋)

「JARL QRP Club 60周年記念2016年QRPコンテスト」の規約(一部抜粋)

 

 

●関連リンク:
・JARL QRP Club 60周年記念2016年QRPコンテスト規約(PDF形式)
・JARL QRP Club 60周年記念2016年QRPコンテスト規約
・JARL QRP Club 60周年記念2016年QRPコンテスト規約 ※「登録クラブ2016年11月の行事」を参照
・JARL QRP Club

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」