hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > <フランス領「Vimy Ridge」の戦い>第一次世界大戦におけるカナダ派兵の激戦地、100周年を記念して「VE100VIMY」と「TM100VIMY」を運用


<フランス領「Vimy Ridge」の戦い>第一次世界大戦におけるカナダ派兵の激戦地、100周年を記念して「VE100VIMY」と「TM100VIMY」を運用

カナダ在住の紀本浩二氏(VA7KO)の情報によると、英連邦の一つであったカナダは1914(大正3)年、英国の第一次世界大戦参戦に伴って多くの志願兵をフランス西部戦線へ派兵。激戦の末に勝利した地として名高いフランス領「Vimy Ridge(ヴィミー丘陵 )」の戦いから100周年を迎えることを記念し、2017年4月1日(土)から9日(日)までの間、フランスからアマチュア無線局「TM100VIMY」が運用を行う。さらにカナダ全土では各州持ち回りによる「VE100VIMY/VE*」の運用がすでに始まっており、運用にあわせてアワードも発行される。同氏は「JAで聞こえていたら、ぜひコールしてほしい」と呼びかけている。

 

 

 

 

 1917(大正6)年4月9日に始まった戦いで、多くのカナダ兵犠牲者が出たフランス領「Vimy Ridge(ヴィミー丘陵 )」。現在は、フランス国内ながら“カナダ国立公園”となり、第一次世界大戦で亡くなったカナダ人兵士66,655名の名前が刻まれた記念碑が置かれている。

 

 2017年4月1日(土)から9日(日)まで9日間、フランス領のVimy Ridgeにおいてカナダの無線家による記念運用が、「TM100VIMY」のコールサインで予定されている。

 

 それに先立ち、2017年1月からカナダ国内のアマチュア無線家有志が協力し、カナダ各州の持ち回りで「VE100VIMY/VE*」のコールサインを用いる記念局の運用も始まっている。

 

 紀本氏(VA7KO)は「現在、HF帯の電波の伝搬状況はよくありませんが、日本で信号が聞こえましたら、ぜひ呼んでください」と話している。

 

 

 

●関連リンク:
・VE100VIMY
・Certificate Award Status Checking and Award
・VE100VIMY Canada flag Canada(QRZ.com)
・Battle of Vimy Ridge(ウィキペディア)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」