hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > 【KANHAM2018】<直前情報>第23回 関西アマチュア無線フェスティバル、いよいよ7月14日(土)から大阪府池田市で開催


【KANHAM2018】<直前情報>第23回 関西アマチュア無線フェスティバル、いよいよ7月14日(土)から大阪府池田市で開催

日本の“三大アマチュア無線イベント”のひとつ、「関西アマチュア無線フェスティバル」が今年も7月14日(土)と15日(日)の2日間、大阪府池田市の「池田市民文化会館」をメイン会場に開催される。第23回目となる今回のテーマは「銀河電波鉄道ファイブナイン ~君もアマチュア無線で空の旅を!~」だ。ここでは同イベント参加予定者のために開催情報を紹介しよう。

 

 

精力的に情報発信を行っている、関西アマチュア無線フェスティバル実行委員会のWebサイト

 

 

「関ハム(KANHAM)」の愛称で知られる「関西アマチュア無線フェスティバル」。最近は2日間で10,000名に迫る入場者があり、関西各地はもちろんJA各エリアからの参加者も増加している。昨年はJAXA宇宙飛行士の油井亀美也氏(KG5BPH)が講演を行って大盛況となった。今年の「KANHAM2018」の開催概要は次のとおりだ。

 

 

◆行事名:第23回 関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM2018)

 

◆主催:
  関西アマチュア無線フェスティバル実行委員会
  一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)関西6府県支部

 

◆テーマ:銀河電波鉄道ファイブナイン ~君もアマチュア無線で空の旅を!~」

 

◆開催日時:2018年7月14日(土)10~17時、7月15日(日)10~16時

 

◆会場:大阪府池田市 池田市民文化会館、豊島野公園、池田市立カルチャープラザ
    (563-0031 大阪府池田市天神1丁目7-1)

 

◆交通:阪急電鉄 宝塚線「石橋」駅下車 西出口より徒歩約10分

 

◆入場料:無料

 

 


大きな地図で見る

 

 

◆展示内容:

 

<小ホール>
・八重洲無線講演会 「アマチュア無線をもっと楽しく!!」(14日11:00~12:00)
・「てんご堂雅落さん(JO3KHA)の落語とMasacoさん(JH1CBX)のミニライブ」(14日12:30~14:00)
・NHK解説委員 柳澤秀夫氏講演会「わが無線人生と国際報道」(14日14:00開場、開演14:30~)
・「真冬の南極昭和基地からLIVE! 南極教室 in KANHAM」(14日16:30~17:30)
・「第8弾 JARLそこまで言って委員会」(15日10:30~11:30)
・第8回 KANHAMコンテスト表彰(15日11:30~12:30)
・JARD講演会(15日13:00~14:30)

 

 

<3F イベントスペース>
・楽しいこども科学実験ポイントラリー(14日10:00~)(15日10:00~)
・高ア連生徒交流会(14日16:00~17:00)

 

<中会議室>
・宇宙と無線のコズミックカレッジ in KANHAM(14日09:30~、13:30~)※事前申込制
・モールス通信入門(15日10:00~12:00)
・アマチュア衛星通信入門講座(15日12:00~13:00)
・電波と地震予知と防災(15日13:00~15:00)

 

<小会議室>
・3エリア2mSSB連絡会(14日11:00~12:00)
・Turbo HAMLOGの作者と語ろう(14日13:00~14:30)
・パナソニックグループミーティング(14日15:00~17:00)
・新デジタルモード FT8の活用術(15日10:00~12:00)
・リフレクターの現状と使い方について(15日13:00~14:30)
・DXCCフィールドチェック(14日10:00~17:00、15日10:00~12:00)
・SOTAを始めよう!(15日13:00~14:00)
・大阪電通大 無線部OB会(15日15:00~16:00)

 

<1F小ホール前>
・IOTAフィールドチェック(14日10:00~17:00、15日10:00~15:00)
「関西アマチュア無線フェスティバルでのIOTAブースを今年も開設いたしますが、IOTA申請にClub Logによる電子照合が導入されたことにより、フィールドチェックを今回をもって終了といたします。今後は出来る限り電子照合にての申請をお願いいたします。また従来通りのQSLカード郵送によるチェックも継続いたします」

 

<池田市立カルチャープラザ 多目的ホール>
・3、4アマ国家試験(15日10:30~、13:30~、16日10:30~)
 ※3アマと4アマの国家試験は同室で行われる。各回の受付は試験実施日の朝9時30分から開始

 

<池田市立カルチャープラザ 研修室>
・ニューカマーセミナー(14日 12:00~13:00、15:00~16:00、15日 12:00~13:00)

 

<池田市立カルチャープラザ 会議室>
・21世紀の青少年育成 YOTA JAPAN(15日 10:00~12:00)
・アメリカFCC アマチュア無線資格試験(15日13:00~、16日13:00~)
・IOTAフォーラム(15日10:00~11:00)
「2017年から導入されたClub Logを用いたQSLカードを必要としないIOTA申請方法について、実際のウェブ画面を使いユーザー登録・Club Log Matchingによる照合・申請までの手順を説明。この方法により、IOTAに有効なQSOを多くのQSLカードの中から選ばずに申請まで行うことが出来ますので、新たにIOTAに取り組もうと考えていらっしゃる方、今後のアップデートにClub Logマッチングを試してみようと思われているIOTAメンバーの方々のご参加をお待ちしております。部屋のサイズの関係上、約20名のキャパシティとなりますので、お早目にお出かけ下さい」

 

<展示販売ブース>
・企業などの展示コーナー
 http://www.jarl.gr.jp/kanham/?page_id=132
・クラブなどの屋内展示販売コーナー
 http://www.jarl.gr.jp/kanham/?page_id=139
・屋外展示販売コーナー
 http://www.jarl.gr.jp/kanham/?page_id=143

 

<その他>
・第一電波工業の「無線デモカー」展示
・特別記念局の公開運用 ほか

 

会場ブース配置図

 

 

 イベントの詳細は「第23回 関西アマチュア無線フェスティバル」実行委員会のWebサイトで詳しく精力的な案内を行っているので、来場前に閲覧することをおすすめしたい。

 

 

 

●関連リンク:
・第23回 関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM2018)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語マニュアル付)