hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <対象機機リストをPDFで公開>アルインコ、「旧スプリアス規格の特定小電力無線機器は2022年12月1日以降、使用できません」と呼びかけ

<対象機機リストをPDFで公開>アルインコ、「旧スプリアス規格の特定小電力無線機器は2022年12月1日以降、使用できません」と呼びかけ

2005(平成17)年の電波法関連法令改正で、2007(平成19)年12月以前に「旧スプリアス規格」で作られた無線機器は、2022(平成34)年12月1日以降は使えなくなる。この件はアマチュア無線家への周知は進んでいるが、免許不要で誰でも使える特定小電力無線機器の分野では、利用者に十分知られているとは言いがたい状況にある。アルインコ株式会社では、旧スプリアス規格に該当する同社製特定小電力トランシーバーのリストを作成し、「旧規格の特定小電力無線機器は2022年12月1日以降、ご使用になれません」という呼びかけを始めている。

 

 

アルインコの告知より

 

 アマチュア無線機の場合、2007年12月以前に旧スプリアス規格で作られた製品は、JARDの「スプリアス確認保証」を受けるなど、新スプリアス規格をクリアしていることが確認・証明できれば今後も使用することができる。しかし特定小電力無線機器にはそうした“救済措置”がない(個人がTELECなどの無線設備の認証・試験機関に特小トランシーバーを持ち込み、新スプリアス規格で技適を取り直すことは、費用や手間を考えると現実的とは言えない)。そのため旧スプリアス規格で作られた機種は事実上、2022年12月1日以降は使用できなくなっている。

 

 アルインコは次のように告知し、対象機種の確認を呼びかけている。

 


 

旧規格の特定小電力無線機器は2022年12月1日以降、ご使用になれません

 

 電波法関連法令 「無線設備規則の改正」により、特定小電力無線機器(トランシーバー、ガイドシステム、ワイヤレスコールなど)は電波法で定められた技術基準を満たす必要があります。弊社の特定小電力無線機器はこの技術基準に適合していることを証明する「技術基準適合証明・工事設計認証」を取得しておりますが、2005年に電波法関連法令の無線設備規制、「無線設備のスプリアス発射」(不要な漏れ電波)の許容値が改正されました。

 

 この旧規格の特定小電力無線機器は、猶予期限として2022年11月30日までお使いになれますが、それ以降はお使いになると電波法違反になり、罰則・罰金(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)の対象になりますので、お早目の買い替えをご検討ください。

 

 次ページのリストは一般に特小、インカム、ガイドシステム等と呼ばれる弊社の特定小電力トランシーバー製品で、①すべての製品が該当する機種、②該当するものとしないものが混在する機種、③新規格で技術基準適合を取得した本件に該当しない機種、に分類しております。お使いの製品の品番と認証番号をお確かめください。

 

 リストは2018年8月現在のもので、同時点で弊社から営業出荷される特定小電力トランシーバーは全て新規格の製品です。それ以降の更新はしておりませんが、ここに赤字で表示された機種以外は全て新規格とお考えください。

 

 

2022年12月から使えなくなる、旧スプリアス規格の製品リスト

同一の型番で新旧のスプリアス規格が混在する機種

新スプリアス規格の機種(2018年8月末現在)

 

 

 

●関連リンク:
・PDF 旧規格の特定小電力無線機器は2022年12月1日以降、ご使用になれません(アルインコ)
・よくある質問:デジタル移行やスプリアスの規格が変わって、使えなくなる無線があると聞きました。古い無線機は全部使えなくなるのですか?(アルインコ)
・アルインコ 電子事業部

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」