hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 統計 > <“ピーク後最低局数”の減少に歯止めかからず>総務省が2018年9月末のアマチュア局数を公表、前月より904局少ない42万0,224局


<“ピーク後最低局数”の減少に歯止めかからず>総務省が2018年9月末のアマチュア局数を公表、前月より904局少ない42万0,224局

2018年11月9日、総務省は2018年9月末のアマチュア無線局数を公表した。それによると2018年8月末のデータから“904局”減少して42万0,224局となった。1995年3月末に過去最高の136万4,316局を記録したピークから増減を繰り返し、前回の8月までは6か月連続で毎月1,000局以上減り続けていたが、今回は1,000局を切る904局の減少となった。しかし、ピーク後に最高となった2016年3月末の43万6,389局から“ピーク後最低局数”を更新し続けていることに変わりはない。一方、一部有効期限の残っている局を除き2015年11月末で使用期限を迎えた「パーソナル無線」は、2018年9月末の時点で1,123局が免許登録(2018年8月末時点は1,161局が免許登録)している。この間に38局が廃局となったと思われる。

 

 

2013年4月末から2018年9月末までのアマチュア局数の推移。2018年8月末から2018年9月末の局数でみると、前月比で“904局”減少。ピーク後に最高となった2016年3月末の43万6,389局から“ピーク後最低局数”が加速している状況が見て取れる

 

 

 

●2018年9月末、アマチュア局の各エリア(管内)局数内訳

 

 

・1エリア(関東管内): 120,676局(120,751局)

・2エリア(東海管内): 55,469局(55,667局)

・3エリア(近畿管内): 50,256局(50,377局)

・4アリア(中国管内): 26,093局(26,155局)

・5エリア(四国管内): 19,292局(19,363局)

・6エリア(九州管内): 35,592局(35,714局)

・7エリア(東北管内): 44,386局(44,453局)

・8エリア(北海道管内):38,203局(38,284局)

・9エリア(北陸管内): 10,348局(10,359局)

・0エリア(信越管内): 17,479局(17,567局)

・6エリア(沖縄管内):  2,430局(2,438局)

 

※カッコ内の数字は2018年8月末の局数を表す

 

 

 

●2018年9月末、パーソナル無線局の各管内局数内訳

 

・関東管内: 307局(316局)

・東海管内: 72局(75局)

・近畿管内: 52局(52局)

・中国管内: 69局(73局)

・四国管内: 27局(28局)

・九州管内: 187局(195局)

・東北管内: 231局(235局)

・北海道管内: 96局(100局)

・北陸管内: 30局(30局)

・信越管内: 41局(46局)

・沖縄管内: 11局(11局)

 

※カッコ内の数字は2018年8月末の局数を表す

 

 

 

2012年以前は1か月間に1,000局から2,000局単位でアマチュア局が減少。2013年以降に減少数も落ち着いてきたが、直近の6か月間(2018年3月末から8月末まで)で毎月1,000局以上の減少が続いていた

 

 

 

●関連リンク:無線局統計情報(総務省)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語マニュアル付)