hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > BCL > <複合管6AB8を使用した0-V-1構成、中波と7MHz帯をカバー>CQ出版社「1球式 再生受信機キット」を台数限定の特別価格で12月20日から発売


<複合管6AB8を使用した0-V-1構成、中波と7MHz帯をカバー>CQ出版社「1球式 再生受信機キット」を台数限定の特別価格で12月20日から発売

CQ出版社は真空管を1本使用した1球式 再生受信機キット「RR-49」を2018年12月20日から同社Webショップで発売する。受信周波数は約530~1600kHzと、付属のコイルキットに取り替えることで7MHz帯(約6600~7400kHz)にも対応。製造元はNPO法人ラジオ少年。通常価格は12,800円だが当初は台数限定で11,520円(税込み)のキャンペーン価格で販売する。

 

 

CQ出版社の1球式 再生受信機キット「RR-49」

 

 

 CQ出版社のRR-49は3極5極の複合管「6AB8(ECL80)」を1本使用。高周波増幅はなく、再生検波と低周波増幅1段をこの真空管で行うという0-V-1構成だ。再生発振がBFOにもなるのでSSB/CWの復調も可能。シャーシは加工済みで20ページの詳しい組み立て説明書が付属している。
「CQ ham radio」誌2019年1月号によると、RR-49はJA0BZC、JA1GMO、JR1KQUの3氏による「RR-49製作委員会」が設計したもので、説明書に記載された方法でコイルを自作すれば3.5MHz帯の受信にも対応するという。同社WebShopは「真空管の受信機でハムの黎明期を体験しよう」として、次のように紹介している。

 

 

発売記念!台数限定!特別価格にて販売中!
1球式 再生受信機キット RR-49

 

・ 真空管(6AB8/ECL80)を使用した0-V-1構成でスピーカ搭載
・ 付属の7MHzコイルキットで7MHz受信機へ
・ 加工済シャーシで簡単製作
・ 20ページの組み立て説明書が付属
※真空管と電源にAC100Vを使用しているので、組み立てと使用には電気の知識が必要です。
※微弱ですが再生検波の発振信号がアンテナに出力されます。思わぬ妨害に注意が必要です。

 

RR-49のパーツ構成。シャーシは加工済み

 

・キャンペーン価格(税込み):11,520円(台数限定)
・通常価格(税込み):12,800円
・製造元:NPO法人 ラジオ少年
・発売開始:2018年12月20日

 

 

 

 

●関連リンク:1球式 再生受信機キット RR-49(CQ出版社WebShop)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」