hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <参加証発行&バンドごとに開催時間が異なる>JARL京都府支部、2月2日(土)20時から20時間にわたり「第63回 京都コンテスト」を開催

<参加証発行&バンドごとに開催時間が異なる>JARL京都府支部、2月2日(土)20時から20時間にわたり「第63回 京都コンテスト」を開催

JARL京都府支部は2019年2月2日(土)20時から2月3日(日)16時までの20時間にわたり、非常時に備えて府内およびその周辺の電波伝搬の調査研究、通信技術の向上、アマチュア無線界の友好増進などを目的として「第63回 京都コンテスト」を開催する。バンドごとに細かく開催時間が異なっているので注意しよう。

 

 

 

 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)京都府支部主催、京都府、京都市、京都新聞社、その他の後援・協賛により歴史ある「第63回 京都コンテスト」が、1.9/3.5/7/14/21/28/50/144/430/1200/2400/5600MHz帯の各アマチュアバンドの電信・電話で行われる。コンテスト期間は2月2日(土)20時から2月3日(日)16時までの20時間にわたるが、バンドごとに開催時間が異なるのも、本コンテストの大きな特長だ。

 

 参加資格は日本国内のアマチュア局とSWL。交信(受信)対象は、京都府外局(SWL含む)が京都府内で運用するすべてのアマチュア局、京都府内局は日本国内で運用するすべてのアマチュア局となっている。

 

 ナンバー交換は、府内局が「RS(T)符号による相手局のシグナルレポート」+「市区郡符号+定められた2桁または3桁の英数字」。

 

 英数字は「JARL京都非常通信協議会の登録者は、3桁の数字(601~799)によるボランティア番号」、「JARL登録クラブの社団局は、3桁の登録ナンバー」、上記以外の局は「運用者名のイニシャル2文字」となっている。

 

 また、府外局は「RS(T)符号による相手局のシグナルレポート」+「都府県・地域等略号+運用者名のイニシャル2文字」となる。ログの締め切りは2月28日(水)当日消印有効。また電子メールの場合は、サーバー受信時のタイムスタンプで判断する。

 

 参加証を希望する場合は、82円切手を貼った洋形2号(114×162mm)サイズの封筒を同封すること。なお、結果およびコンテストレビューの郵送を希望した局にはあわせて参加証を郵送する。この場合、洋形2号のサイズの封筒は不要。

 

 詳しくは、下記関連リンクから「第63回 京都コンテスト規約」を確認してほしい。

 

 

「第63回 京都コンテスト」の規約(一部抜粋)

 

 

 

●関連リンク:
・第63回 京都コンテスト規約(PDF形式)
・京都コンテスト電子メールでのLOG受付について
・京都コンテスト
・JARL京都府支部

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」