hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ライセンスフリー無線 > <特集「無線運用がもっと快適に! PC・スマホ活用のワザ」>電波社、「HAM world(ハムワールド)」2020年1月号を11月19日(火)に刊行


<特集「無線運用がもっと快適に! PC・スマホ活用のワザ」>電波社、「HAM world(ハムワールド)」2020年1月号を11月19日(火)に刊行

株式会社電波社のアマチュア無線誌「HAM world(ハムワールド)」2020年1月号が、2019年11月19日(火)に刊行される。今号の特集は「無線運用がもっと快適に! PC・スマホ活用のワザ」、第2特集は「誰でもすぐ始められる! フリーライセンス無線」。そのほか注目の記事は「発売が待ち遠しい! アイコムIC-705続報」「ベッドも自作の軽キャン無線室」など盛りだくさんな内容だ。価格は909円+税。なお、同誌は前号から隔月刊化され、奇数月の19日の発売となっている。

 

 

「HAM world 2020年1月号」の表紙

 

 

 電波社の「HAM world」は同社の月刊誌「ラジコン技術」の増刊として、2015年9月にVol.1、2016年2月にVol.2、6月にVol.3、9月にVol.4、12月にVol.5、2017年3月にVol.6、6月にVol.7、9月にVol.8、12月にVol.9、2018年3月にVol.10、6月にVol.11、9月にVol.12、そしてVol.13から独立創刊を果たし“月号表記”となり、12月に2019年2月号、3月に2019年5月号、6月に2019年8月号として3か月に1回のペースで刊行。

 

 そして、前号の2019年11月号からは隔月刊(2か月ごと)で発行されるようになって、今回の2020年1月号でシリーズ17冊目を数える人気のアマチュア無線専門誌だ。

 

 

 記事内容など概要は下記の通り。

 

 

★「HAM world」2020年1月号の概要

 

◆発売日:2019年11月19日(火)全国書店発売
◆定価:909円+税
◆発行:株式会社電波社
◆体裁:A4 平綴じ
◆記事内容:下記の通り

 

 

 

<特集:無線運用がもっと快適に! PC・スマホ活用のワザ>
・スティックPCでWIRES-Xノード局を構築
・定番の電子ログTurbo HAMLOG/winの始め方

 

 

 

・クラウド型電子ログAirHamLogの始め方
・リフレクター運用ってなに?
・ネットと連携してD-STAR運用

 

 

<第2特集:誰でもすぐ始められる! フリーライセンス無線>
・デジ簡無線戸別受信機 アルインコXEAL30D

 

 

 

・免許いらずの無線ジャンルと交信方法
・デジ簡無線機F.R.C.FC-D301

 

 

 

・憧れの無線機名鑑~市民ラジオ編「ソニーICB-680 & ICB-670」

 

 

 

・長野の観光地のお店を発見! 懐かしの合法CB機展示中
・「秋の一斉オンエアデイ」報告

 

 

<そのほかの記事>
・発売が待ち遠しい! アイコムIC-705続報

 

 

 

 

・ベッドも自作の軽キャン無線室

 

 

 

・Island On The Air アワードと取得法
・ARTGROUP日本縦断QSO〔無線車改造篇〕
・なんでもアンテナ大実験
・移動運用時の電源確保
・一括コードに含まれない電波型式の申請
・磁界型アンテナとの出会いから今日まで〔中編〕
・Raspberry Piで遊ぼう 第4回
・世界の短波放送を聴こう!
・アイコム IC-SAT100で衛星体験 Part2
・海外移動運用に大人気T88パラオ共和国
・全国電波ホットスポット探検隊の活動〔後編〕
・CW練習法〔その11〕
・AMロールコールの現場を訪問
・V型ダイポール330V-2用3.5MHz周波数拡張ユニットの製作
・ニュースフラッシュ
・無線の歴史おもしろエピソード
・読者プレゼント

 

 

同誌の確実な予約・購入には下のAmazonリンクが便利だ。

 

 

 

 

 

 

※以下は「HAM world」創刊号(Vol.1)から2019年11月号までのバックナンバー。プレミアム価格で取り引きされている号もある

 

 

 

●関連リンク:株式会社電波社

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」