hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARD > <IC-705やFTM-300Dシリーズも掲載>JARD、「最新(2019年度)工事設計認証機種」項目を更新

<IC-705やFTM-300Dシリーズも掲載>JARD、「最新(2019年度)工事設計認証機種」項目を更新

一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)は2020年3月10日、同協会ホームページの「最新(2019年度)工事設計認証機種」の項目を更新。今年2月に八重洲無線のFTM-300D、FTM-300DS、IC-705の3機種が相次いでJARDの工事設計認証(いわゆる技適)を得たことが確認できた。

 

 

JARDが更新した「最新(2019年度)工事設計認証機種」より。この工事設計認証番号が、無線局の開局・変更時の申請書類に記載する、いわゆる“技適番号”となる

 

 

 JARDはアマチュア無線技士の養成課程講習会(2~4アマ)、アマチュア局の保証業務(基本保証、スプリアス確認保証)のほかに、アマチュア無線機を中心とする特定無線設備の技術基準適合証明・工事設計認証の業務を行っている。アマチュア無線機器メーカーが日本国内で新製品を発売する場合や、発売済みの製品で送信系統に設計変更を行う場合は、JARDの工事設計認証を取得するのが一般的だ。

 

 このほどJARDホームページの「最新(2019年度)工事設計認証機種」の項目が更新され、令和2年2月21日付けで八重洲無線の144/430MHz帯モービル機の「FTM-300D」(工事設計認証番号:002-190004)、同「FTM-300DS」(工事設計認証番号:002-190005)の2機種、さらに2月25日付けでアイコムの「IC-705」(工事設計認証番号:002-190006)が工事設計認証を得たことが確認できた。

 

八重洲無線の新製品、FTM-300Dシリーズ。50WタイプのFTM-300Dは「002-190004」、20WタイプのFTM-300DSは「002-190005」が工事設計認証番号となる

アイコムの新製品、IC-705。工事設計認証番号は「002-190006」だ

 

 

 詳細は下記関連リンク参照。

 

 

 

●関連リンク:
・最新(2019年度)工事設計認証機種 PDF(JARD)
・技術基準適合証明・工事設計認証(JARD)
・技術基準適合証明等を受けた機器の検索(総務省 電波利用ホームページ)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」