hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > <世界各国のスカウトが電波で国際交流>10月16日(金)~18日(日)「ジャンボリー・オン・ジ・エア 2020(JOTA 2020)」全世界で開催!!

<世界各国のスカウトが電波で国際交流>10月16日(金)~18日(日)「ジャンボリー・オン・ジ・エア 2020(JOTA 2020)」全世界で開催!!

“ボーイスカウト”に代表されるスカウト運動の世界団体「世界スカウト機構」は、スカウトたちがアマチュア無線の電波を通じて国内各地や外国のスカウト仲間と交信し、お互いを理解し知識と友情を深めることを目的とした公式国際行事「ジャンボリー・オン・ジ・エア 2020(JOTA 2020)」を、2020年10月16日(金)各国時間の0時から10月18日(日)同24時まで、主要アマチュアバンドの「世界スカウト周波数」で実施する。

 

 

JOTA-JOTI2020のシンボルマーク

 

 

「ジャンボリー・オン・ジ・エアー(JOTA)」は、世界各国のスカウトが電波を通して国際交流を深める行事として、1957年にイギリスで行われた「第9回世界ジャンボリー」で初めて行われ、今年で63回目となる。また最近はJOTAと同趣旨で、インターネットを利用した「ジャンボリー・オン・ジ・インターネット(JOTI)」も同時に開かれている。

 

JOTAの交信風景(関係者提供写真)

 

 公益社団法人 ボーイスカウト日本連盟によると、今年のJOTAの開催概要は次のとおり。

 

 

◆名称:ジャンボリー・オン・ジ・エア 2020(略称 JOTA 2020)

 

◆目的:
●世界スカウト機構が主催する公式国際行事で、スカウトがアマチュア無線行事に参加し、電波を通じて国内各地や外国のスカウト仲間と交信し、お互いを理解し、知識と友情を深めることを目的とする。

 

●世界的な活動の中でワイヤレスIoT人材の裾野を広げ、若い人材の創出に寄与します。

 

●免許を持たないスカウトも、参加局の交信を聴取し各地や各国のスカウト活動を理解する。

 

●この行事を機会とし、関連するチャレンジ章、技能章の取得を目指す。

 

◆日時:2020年10月16日(金)00:00~18日(日)24:00の72時間
 (世界各国とも、それぞれの標準時間で実施する)

 

◆活動内容:
●国内外のスカウト関係者が、アマチュア無線を通じて誰でも参加することができます。

 

●班、隊、団、地区、県連盟などのグループでそれぞれのプログラムとして実施したり、個人や任意のグループとして参加したりと、参加形態は問いません。

 

●行事終了後は、これらの記録をとりまとめ、所定の様式(日本連盟のホームページに今後掲載される)による報告書を提出してください。

 

(1)アマチュア無線の免許を所有する者
・国内各地や外国のスカウト仲間と交信し、互いの氏名・所属団・所在地・活動状況等を 話し合い、記録する。

 

(2)アマチュア無線の免許を持たない者
・日本では、免許を持たない者の交信は、電波法で禁止されているため、参加局の交信を聴取することによる参加とする。または、体験局として開設する参加局にて交信する。
・所属する隊・団・地区・県連盟でプログラムとして実施される場合は、これに参加する。
・周辺で実施されない場合は、一般のアマチュア無線局の協力を得て参加する。

 

◆運用方法:
●世界スカウト周波数に定められている下記の周波数、またはその前後の周波数において、スカウト仲間を呼び出すか、応答し交信相手を決めます。

 

●相手局が決まったら、他の周波数に移り交信を開始する。ただし、周波数帯によっては、混信のため移れない状態もあるため注意します。

 

●使用できる周波数と電波形式は、周波数帯ごとに電波法で細かく定められています。

 

●日本アマチュア無線連盟の定める各周波数帯の「アマチュア無線バンド使用区別」に従う。

 

 

◆参加規定(スカウト局の参加登録・申し込みは省略)
(1)参加局は、免許を受けている出力・周波数・電波型式の範囲内で運用します。

 

(2)電波法その他諸規則を厳格に守り、日本アマチュア無線連盟の定める各周波数帯のアマチュア無線バンド使用区別に従います。

 

(3)呼び出しは次の要領により、これに対し応答します。
・無線電話:CQジャンボリー
・無線電信:CQJAM

 

(4)世界スカウト周波数は、原則として呼び出しだけに利用します。

 

 開催期間中は各周波数でスカウトたちの交信が聞こえると思われる。また日本ボーイスカウトアマチュア無線クラブは東京都杉並区のボーイスカウト日本連盟スカウト会館で、体験局 兼 記念局の「8J1JOTA」を運用する。無資格者も交信体験ができる“臨時体験局”とイベントの記念局の組み合わせは日本初と思われる。おもな運用期間はJOTA期間中10/16~18の3日間を予定している。詳細は近くhamlife.jpの別記事で紹介する予定だ。

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

<写真リポート>海外から訪れたハムに開放! 24時間体制、第23回世界スカウトジャンボリー記念局(臨時局)「8N23WSJ」の運用状況

 

 

 

●関連リンク:
・ジャンボリー・オン・ジ・エア 2020実施要領 PDF(公益社団法人 ボーイスカウト日本連盟)
・JOTA-JOTI2020(公益社団法人 ボーイスカウト日本連盟)
・Jamboree on the Air – Jamboree on the Internet(世界スカウト機構)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」