hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ライセンスフリー無線 > <第3特集は「アナログおもしろ無線受信塾」>三才ブックスが月刊「ラジオライフ」2022年6月号を刊行

<第3特集は「アナログおもしろ無線受信塾」>三才ブックスが月刊「ラジオライフ」2022年6月号を刊行

株式会社三才ブックスは4月25日(月)に月刊誌「ラジオライフ」2022年6月号を刊行する。今号は第3特集でまだ聞くことができる業務無線を集大成した「アナログおもしろ無線受信塾」を掲載している。特別付録「高速&一般道路オービスマップ2022完全版」がついて価格は998円(税込み)。

 

 

月刊「ラジオライフ」2022年6月号表紙

 

 

 

 hamlife.jpでは、趣味(hobby)としての「無線」に関連した雑誌や書籍の刊行情報も紹介している。三才ブックスが刊行している月刊誌「ラジオライフ」は1980年の創刊で、2022年6月号は通巻で496号となった。今号のおもな無線関連の記事は次のとおり。

 

<第3特集>聞ける無線はこんなに残っている!「アナログおもしろ無線受信塾」

 

 デジタル化ばかりでもう受信できない」と嘆く前に、生き残っているアナログ波を探してみようじゃないか。おもしろ無線のメジャージャンルの中にも、まだまだ聞ける無線はある。さあ、受信機に火を入れようじゃないか!

 

・簡易無線(レジャー無線)
・特定小電力無線(ライセンスフリー無線)
・署活系(消防無線)
・私鉄列車無線(鉄道無線)
・国際VHF(船舶無線)
・まだまだあるアナログ無線

 

<徹底使用リポート>
・八重洲無線 操作性が少し向上したFTMシリーズの最新型 144/430MHz帯無線機 FTM-200D

 

<モービル機エアーバンド受信インプレ>

・JVCケンウッド 144/430MHz帯無線機 TM-V71

 

<ブルーインパルス受信ガイド>

・2022年展示飛行の使用周波数を予想する

 

<RLエアーバンド インフォメーション>

・陸上自衛隊第1空挺団 降下訓練始めリポート(入間基地&横田基地編)

 

<おもしろ無線受信報告所>

・鉄道/寝台特急で連結トラブルが発生

 

<ヴァイオリン弾き 琴羽しらすの今度は無線で知らせます>

・vol.08 初めてのアマチュア無線の交信に感激!

 

<ライセンスフリー無線の世界>

・フリラーの季節到来!移動運用イベントに参加しよう

 

<工作チャレンジ>

・ゲルマニウムラジオを応用して変調状態をチェックする「27MHz帯AMモニター」

 

 

↓この記事もチェック!
<Kindleや楽天koboほか、読み放題も…>配信スタート! ヤバかった時代(1980年代&1990年代)の月刊誌「ラジオライフ」が電子書籍で蘇る

 

 

 月刊「ラジオライフ」2022年6月号の購入は、下記のAmazonリンクが便利だ。

 

 

 

 

 

●関連リンク:三才ブックス

 

 

 

●いったん広告です:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)