hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
2022QSOパーティ

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > 【現地取材者急募】<世界最大規模のハムの祭典>一度は行きたい!! 「デイトン・ハムベンション2014」5月16~18日に開催

【現地取材者急募】<世界最大規模のハムの祭典>一度は行きたい!! 「デイトン・ハムベンション2014」5月16~18日に開催

1952(昭和27)年から毎年開催されている、世界最大規模となるアマチュア無線の祭典「デイトン・ハムベンション(Dayton Hamvention)」が、今年も5月16日(金)~18日(日)の3日間、米国オハイオ州デイトンのHara Arenaで開催される。

 

デイトン・ハムベンション2014の公式Webサイト

デイトン・ハムベンション2014の公式Webサイト

 

 デイトン・ハムベンション(Dayton Hamvention)」が、今年も5月16日(金)~18日(日)の3日間、米国オハイオ州デイトンのHara Arenaで開催される。すでに公式Webサイトが開設され、開催案内や入場券の申し込み案内などが開始されている。また関連イベントのスケジュール(ミーティングやディナーなど)も公開された。

 例年、このイベントには日本のアマチュア無線機器メーカーが多数参加(昨年はアイコム、アルインコ、JVCケンウッド、八重洲無線、東京ハイパワー、第一電波工業、コメットなどが出展)。メーカーによっては世界初公開となる製品をこの会場でお披露目するので見逃せない。例えば2012年にはJVCケンウッドがTS-990、八重洲無線がFTDX3000をこの会場で初公開した。

 また広大な駐車場を使用してのフリーマーケットが開催され、無線機器やアンテナの中古品やジャンク品はもちろん、新品や自作品、あるいは家電品や家庭用品、衣料品なども出品されており、見て回るだけで軽く1日は費やされてしまう膨大な出展数が魅力だ。

 

デイトン・ハムベンション2012の会場を気球で撮影。中央の建物が展示棟、手前側の駐車場がフリーマーケット会場だ(デイトン・ハムベンション2014のWebサイトより)

デイトン・ハムベンション2012の会場を気球で撮影。中央の建物が展示棟、手前側の駐車場がフリーマーケット会場だ(デイトン・ハムベンション2014のWebサイトより)

 

デイトン・ハムベンション2013の屋内会場図。こちらも一日では見切れないほど広大だ

デイトン・ハムベンション2013の屋内会場図。こちらも一日では見切れないほど広大だ

 

 

【急募】現地から「写真速報」できる方を募集中!!

 さてhamlife.jpだが、残念ながら予算の関係で取材スタッフを米国まで派遣することができない…。そこで「デイトン・ハムベンション2014」に参加する方に、会場からの「写真速報」をお願いしたいと考えている。

 我こそは!! という方は是非、 joho@hamlife.jp  まで、メール表題「デイトン取材」として、下記項目をお知らせいただきたい。

・お名前、コールサイン

・連絡先のメールアドレス

・過去のデイトンハムベンション参加回数

・今回の参加予定日(JA出発~帰国スケジュール)

 

 

●関連リンク:Dayton Hamvention 2014

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)