hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <機械式接点なしの静電式タッチセンサーで軽快に動作!!>韓国BASICOMM社、日本国内で新感覚のCWタッチパドルを販売開始

<機械式接点なしの静電式タッチセンサーで軽快に動作!!>韓国BASICOMM社、日本国内で新感覚のCWタッチパドルを販売開始

アンテナやバランをはじめ、通信関連機器の製造販売を行っているBASICOMM社(韓国)は、静電式のタッチセンサーを採用した新感覚のCWタッチパドル「CW TOUCH PADDLE v2.0」を開発、このほど日本国内での販売・発送、サポートを開始した。機械式接点が一切ないため、面倒な接点間隔の調節が必要なく、軽いタッチで操作できることが特徴。価格は14,800円~23,900円。

 

 

BASICOMM社の「CW TOUCH PADDLES v2.0」各シリーズ。左上が最上級モデルの「プラチナム」だ

BASICOMM社の「CW TOUCH PADDLES v2.0」各シリーズ。左上が最上級モデルの「プラチナム」だ

 

 

 BASICOMM社の日本語Webサイトによると、「CW TOUCH PADDLE v2.0」は、静電式タッチセンサーを採用し、次のような特徴があるという。

・静電式タッチセンサーを採用したCWタッチパドルです。

・機械式接点が一切ないため、接点不良やチャタリングによる動作不良もありません。

・接点間隔の調節が必要なく、軽いタッチで軽快に操作する事が出来ます。

・DXペディション局をコールする際など、速い速度でキーイングするシーンでも、威力を発揮します。

・本体下面にネオジム磁石が装着されているので、様々な方法で固定が可能です。

・500mAhのリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、USB端子(DC 5V)で充電可能です。

・パドルの消費電流は1mA以下で、内蔵バッテリーをフル充電することで、約500時間の連続使用が可能です。

 

 製品は、ステンレス(SUS303)で製作された本体表面を研磨したあとで光沢処理し、パドルピースに金メッキ処理を施した最上級モデルの「プラチナム」が重量約430g、価格は23,900円。
 ほかにアルミニウム材質で加工された本体に表面処理を施した「オリジナル」「レッド」「ブルー」「グリーン」「イエロー」がそれぞれ重量約190g、価格は14,800円となっている。
 このうち「プラチナム」「レッド」「ブルー」の3種類は、日本人スタッフによる日本国内での販売(送金先も日本国内の銀行)が11月17日から開始された。そのほかのモデル(グリーン、イエロー)も、あと数週間で販売が開始できる見込みという。

 以下、試作品の試用写真を紹介していこう。

 

CW TOUCH PADDLES v2.0試作品。可動部が一切なく、洗練されたデザインだ。内部には500mAのリチウムバッテリーを搭載、底部には強力なネオジム磁石を2つ装備している

CW TOUCH PADDLES v2.0試作品。可動部が一切なく、洗練されたデザインだ。全長は約180mm、直径は約40mm。内部には500mAhのリチウムバッテリーを搭載、底部には強力なネオジム磁石を2つ装備している

 

指で軽くタッチするだけで軽快なキーイングが行える

指で軽くタッチするだけで軽快なキーイングが行える

 

後部には電源スイッチ、LED、DC5V入力端子(付属のUSBケーブルで給電)、パドル出力ジャックなどを装備。DASHとDOTの入れ替えは付属の極性変換ケーブルを使う

後部には電源スイッチ、LED、DC5V入力端子(付属のUSBケーブルで給電)、パドル出力ジャックなどを装備。DASHとDOTの入れ替えは付属の極性変換ケーブルを使う

 

 詳細は下記関連リンクで。製造工程の詳しい写真の閲覧や、日本語版取扱説明書(PDF)のダウンロードも可能だ。

 

 

●関連リンク:
・タッチパドル CW TOUCH PADDLES v2.0(BASICOMM社 日本語ページ)
・製品の問い合わせ窓口(BASICOMM社 日本語ページ)
・日本語版製品マニュアル PDF

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」