hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 企画 > お役立ち豆知識 > <FT-100D、HRI-100などが対象外に>八重洲無線、修理対応可能なアマチュア機のリストを更新


<FT-100D、HRI-100などが対象外に>八重洲無線、修理対応可能なアマチュア機のリストを更新

八重洲無線は2016年4月、Webサイトで公開している修理対応可能なアマチュア無線機のリスト(主な保守対応中のアマチュア無線製品)を更新した。リストに掲載されているのは1998年に発売開始したリニアアンプと専用電源「VL-1000/VP-1000」から2015年発売の「FT1XD」「FTM-400XD/XDH」まで72機種。しかしWIRES-II接続キットの「HRI-100」やコンパクトオールモード機の「FT-100D」、HF機の「FT-920」「MARK-V FT-1000MP」などは同リストから外れている。

 

 

 

 長年愛用しているアマチュア無線機の調子が悪い…といった場合、頼りになるのがその機種を製造したメーカーのサービス(サポート、アフターサービス)部門だろう。しかし多くのメーカーは、性能維持に必要となるパーツ類の供給の関係などから、製品の製造終了後、一定の年数で修理受付を終了しているのが実状だ。

 

 修理受付が可能な機種は、各メーカーのWebサイトに掲載されるケースが多い(アイコム、アルインコ、八重洲無線など)。アイコムの場合は毎年5月末に、1年間有効の「修理受付終了機種リスト」を掲載しているが、八重洲無線は「主な保守対応中のアマチュア無線製品」というリストを不定期(数年に1回程度)で更新している。

 

 2016年4月、八重洲無線のリストが更新された。同社は「販売終了後6年間を目安として、保守サービスを実施しております。しかしながら技術の革新が早く、部品メーカーでの生産が完了してしまうものもあります。このような場合は6年を前にして、保守ができなくなることもありますが、あらかじめご了承ください」と呼びかけている。

 

 更新されたリストを確認すると、ハンディ機のVX-1/VX-2/VX-5、受信機のVR-500/VR-5000、HF機のFT-920/MARK-V FT-1000MP、コンパクトオールモード機のFT-100D、モービル機のFT-90、WIRES-II接続キットのHRI-100などがリストに掲載されておらず、保守対応が終了したことが推測される。

 

 では、今回更新された「主な保守対応中のアマチュア無線製品」のリストを紹介しよう。

 

 

yaesu-repair-list-2016-1

 

yaesu-repair-list-2016-2

 

 

 

●関連リンク:
・主な保守対応中のアマチュア無線製品 PDF形式(八重洲無線)
・修理について(八重洲無線)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」