hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
Radio JARL.com

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > <高田継男氏を偲んでミズホ製品でのQRVを呼びかけ!>JARL QRPクラブ、6月13日(月)から19日(日)まで「JA1AMH 追悼 QSO WEEK」開催

<高田継男氏を偲んでミズホ製品でのQRVを呼びかけ!>JARL QRPクラブ、6月13日(月)から19日(日)まで「JA1AMH 追悼 QSO WEEK」開催

「JARL QRPクラブ(JARL登録クラブ:11-4-15)」は、ミズホ通信株式会社の創業者で2016年2月6日に81歳で死去された高田継男氏(JA1AMH)を悼み、6月13日(月)から19日(日)まで、「JA1AMH 追悼 QSO WEEK」と題した交信イベントを開催する。国内のアマチュア局なら誰でも参加できる。同クラブはこの目的を「作ること、QRP運用の楽しさを提供してくださった高田OMの2ndともいえるリグ達を活用することで追悼、感謝の意を表す」としている。

 

「JA1AMH 高田継男さんを送る会」の会場で展示されたミズホ通信の無線機器や高田氏の著作物

「JA1AMH 高田継男さんを送る会」の会場で展示されたミズホ通信の無線機器や高田氏の著作物

 

 

●「JA1AMH 追悼 QSO WEEK」概要(資料から)

 

 

【目的】
作ること、QRP運用の楽しさを提供してくださった高田OMの2ndともいえるリグ達を活用することで追悼、感謝の意を表す。

 

【開催日時】
「QRPデー」を含む2016年6月13日(月)00時00分から6月19日(日)24時00分まで

 

【参加条件】
QRPで運用する国内のアマチュア無線局で上記期間内にミズホ通信製(JIM、サンテック、キャリブレーション製も可)の送信機、およびトランシーバーを用いてQRVし、1局以上の一般的なQSOを行う。
※ JARLではQRPを空中線電力5W以下と定めている。

 

【運用周波数】
3.5~144MHz帯 (10MHz帯を除く)のアマチュアバンド
※バンドプランを遵守すること。

 

【ミズホ通信製品(分類)】
・FBシリーズ:FBジュニア(FB-6J)(MK-610を含む)
・SBシリーズ:SB-21/SB-2M/SB-2X/SB-8X(MX-606Dを含む)
・QPシリーズ:QP-7/QP-21/QP-24/QP-50
・Pシリーズ:P-7/P-7DX/P-21DX/TRX-100/DC-7X/DC-701/RL21
・ピコシリーズ:MX-3.5S/MX-7S/MX-14S/MX-18S/MX-15/MX-21S/MX-24S/MX-10Z/MX-28S/MX-6(Z)/MX-6S(R)/AM-6X/MX-2/MX-2F(FXシリーズ/QXシリーズを含む)
・その他:SG-9/VFO-5/VFO-7などを用いた自作機や上記機種の改造機、上記機種をベースとした自作機
※10W機は5W以下(実測値)に低減して使用すること。

 

【提出書類】
ログ、コメント、使用したリグの写真を1セットとして提出する。なおお送りいただいたコメント、および写真は当クラブホームページに掲載、およびハムフェアクラブブースにて掲出致します。書類提出者には参加証を進呈予定。

 

【書類の提出先と締切】
メールアドレス:contest(アットマーク)jaqrp.org
※アットマークは@に置き換える。
郵送の場合は
〒142-0063 東京都品川区荏原5-6-20
JE1ECF 斎藤 毅
提出期限:2016年6月30日(郵送は必着)

 

 

「JA1AMH 追悼 QSO WEEK」の規約

「JA1AMH 追悼 QSO WEEK」の規約

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

【訃報】「ミズホ通信」創業者、高田継男氏(JA1AMH) 81歳

 

<写真で見る>5月7日開催「JA1AMH 高田継男さんを送る会」に36名が出席

 

 

 

 

●関連リンク:
・ミズホ製品でQRVしよう。JA1AMH 追悼 QSO WEEK(JARL QRPクラブ/PDF形式)
・クラブ主催コンテスト(JARL QRPクラブ)
・JARL QRPクラブ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)