hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 特集 > ハムフェア2016 > <2日間で限定500部!!>ライセンスフリー無線のサークル「CBCN」、今年で19巻目となる本格派機関誌「AIRTALK 2016」をハムフェア会場で無料配布

<2日間で限定500部!!>ライセンスフリー無線のサークル「CBCN」、今年で19巻目となる本格派機関誌「AIRTALK 2016」をハムフェア会場で無料配布

ライセンスフリー無線を紹介するサークル「CBCN」では、今年も8月20~21日に東京都江東区有明の東京ビッグサイトで開催される「ハムフェア2016」会場の同ブース(J-41)において、機関誌「AIRTALK 2016」を2日間、500部限定で無料配布する。毎年このタイミングで無料配布している機関誌は、今年で19巻目を数える。メンバーであるプロのデザイナーが制作していることから、市販誌と同等レベルの本格的な体裁が特徴で、毎回、あっ!という間に品切れ状態となってしまう“隠れた人気本”なのだ。

 

今回で19巻目を数える、品切れ必至!のハムフェア限定機関誌「AIRTALK 2016」。プロのデザイナーが制作を行っている超本格的ものだ

今回で19巻目を数える、品切れ必至!のハムフェア限定機関誌「AIRTALK 2016」。プロのデザイナーが制作を行っている超本格的ものだ

 

 

 運用に特別な資格が不要な無線をホビーとして楽しむ、“ライセンスフリー無線”を紹介するサークル「CBCN」が、機関誌「AIRTALK 2016」をハムフェア会場内のCBCNブースで500部限定で無料配布する。

 

 その内容は毎年充実している。フリラー界最大の話題であるSR-01の開発こぼれ話しを巻頭に、サマーバケーション(SV)2016の運用報告、CBersカンファレンスレポート、フリラ界で人気の高い受信ジャンル「漁業無線」情報などを掲載。

 

 今回は発行部数を昨年までの400部より500部に増量し、より多くのフリラ-の皆さんに手に持ってもらえるようにしたという、ハムフェア会場限定頒布の無料機関誌だ。そして次号で、ついに創刊20周年記念を迎える。

 

 

 

<CONTENTS>

 

・お手軽移動地徹底紹介「鋸山」

 

・思いでの市民ラジオ「ICB-880/T」

 

・SR-01開発こぼれ話し

 

・ハムフェア2015出展報告

 

・SV2016 in 有間峠

 

・CBersカンファレンス2016最後の瞬間

 

・とうきょう漁業開局

 

・創刊20号のお知らせ

 

 

hamfair2016-license-free-3

 

ご覧のように誌面も充実。これを目当てに訪れるフリラ-(ライセンスフリー無線愛好者)も多く、無料頒布ということもあって毎年あっという間に予定配布数に達してしまうほどの人気

ご覧のように誌面も充実。これを目当てに訪れるフリラ-(ライセンスフリー無線愛好者)も多く、無料頒布ということもあって毎年あっという間に予定配布数に達してしまうほどの人気

 

 

 なお「CBCN」のブース番号「J-41」は、「<事前にチェック!会場内のブース配置図>過去最大の234団体が参加する「ハムフェア2016」、企業、クラブ出展ブースの小間割りが判明!」の既存記事(7月19日記事)で場所の確認ができる。

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)