hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 特集 > ハムフェア2018 > 【ハムフェア2018】<無料配布!2日間で500部限定>ライセンスフリー無線のサークル「CBCN」、本格派機関誌「AIRTALK 2018(Vol.21)」発行


【ハムフェア2018】<無料配布!2日間で500部限定>ライセンスフリー無線のサークル「CBCN」、本格派機関誌「AIRTALK 2018(Vol.21)」発行

2018年8月25日(土)、26日(日)に東京都江東区有明の東京ビッグサイトで開催される「ハムフェア2018」会場で、資格のいらないライセンスフリー無線を楽しむサークル「CBCN(CB Radio Communication Network)」(ブース番号:J-78)が、毎年恒例の機関誌「AIRTALK 2018(Vol.21)」を期間中の2日間、500部限定で無料配布を行う。毎年品切れ状態が続く人気の機関誌なので希望者は同ブースへ急ごう!

 

プロのデザイナーが制作を行っているハムフェア限定機関誌「AIRTALK 2018」。同誌は毎年人気が高く、品切れ必至になること間違いないだろう

 

 合法CB(市民バンド)無線や特定小電力無線、デジタル簡易無線など資格のいらない無線を楽しむライセンスフリー無線。その愛好家(フリラー)が集まる「CBCN(CB Radio Communication Network)」では、毎年ハムフェア開催に合わせて機関誌「AIRTALK」を無料配布している。

 

 ここ数年は、2日間で限定500部が用意さ配布れているが、人気の機関誌だけにあっ!という間に1日分の配布数を越してしまう人気ぶりだ。内容が充実していることは言うまでにないが、メンバーであるプロのデザイナーが制作していることから、市販誌と同等レベルの本格的な体裁が特徴である。

 

 21号目の内容は、「思いでの市民ラジオ『GT-06』」「若手フリラ局のハムフェアとともに歩んだ10年」「CBersカンファレンス2018 こぼれ話(会場下見編)」など。

 

 

<CONTENTS>

 

・思いでの市民ラジオ「GT-06」

 

・若手フリラ局のハムフェアとともに歩んだ10年

 

・CBersカンファレンス2018 こぼれ話(会場下見編)

 

・ハムフェア2017出展報告

 

・東京マーチス受信の旅

 

・SV2017運用記

 

・フリラ新製品情報

 

 

毎回充実の内容で読み応え十分!

 

 

 なお、「CBCN(CB Radio Communication Network)」のブース番号「J-78」は、「【ハムフェア2018】<事前にチェック!会場内のブース配置図(暫定版)>229団体が参加する『ハムフェア2018』企業、クラブ出展ブースの小間割りが判明」の既存記事(2018年7月30日記事で場所の確認ができる。

 

 

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」