hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > 【ハムフェア2018】<事前にチェック!会場内のブース配置図(暫定版)>229団体が参加する「ハムフェア2018」企業、クラブ出展ブースの小間割りが判明


【ハムフェア2018】<事前にチェック!会場内のブース配置図(暫定版)>229団体が参加する「ハムフェア2018」企業、クラブ出展ブースの小間割りが判明

2018年8月25日(土)、26日(日)に、東京都江東区有明の東京ビッグサイトで「声のSNS アマチュア無線でつながる 君との出会い」をキャッチフレーズに開催される「アマチュア無線フェスティバル(ハムフェア2018)」。出展が予定されている229団体(企業、クラブなど)のブース配置が、JARL Webの「ハムフェア2018」インフォメーションページに7月26日現在の「暫定版」として公開された(記事下の関連リンクから確認できる)。先日行われた、出展者説明会でのクラブ出展者向け小間割り抽選会(7月12日記事)で確定したブースも配置図に反映されている。事前にチェックしてフェア当日に備えよう。

 

 

 

 

●ハムフェア2018会場案内図/7月26日現在の暫定版(JARL Webから)

 

●出展クラブ一覧&ブース番号/7月26日現在の暫定版(JARL Webから)

 

 

 

 東京ビッグサイトの西展示棟1階(西2ホール)を会場に「アマチュア無線フェスティバル(ハムフェア2018)」が開催される。今回で42回目を数える今年は「声のSNS アマチュア無線でつながる 君との出会い」をキャッチフレーズに、若者たちへアマチュア無線を通じた友達作り、人とのつながりを広げていくことを提案するとともに、アマチュア無線による災害協力など、さらなる社会貢献を呼びかけている。期間中は22歳未満と女性の入場料を無料にするなどの施策がとられている。

 

 会場はメインの入口を入ると、左手にJARL関係ブース、さらに左奥が各クラブの展示コーナーだ。右手にはアイコムやJVCケンウッド、第一電波工業、コメットをはじめとする日本アマチュア無線機器工業会(JAIA)加盟各社のブース、その手前にCQ出版社ブースなどが配置されている。

 

 企業、団体を含めて出展数は229団体。気になるクラブコーナーは、一般ブースが110団体、純粋展示は82団体の記載が確認できた。なお、公表された「ハムフェア2018会場案内図」は7月26日現在の暫定版なので、開催までの間にブース配置や番号が変更になる可能性もある。

 

 PDF形式の「ハムフェア2018会場案内図・出展クラブ一覧」は、JARL Webの「ハムフェア2018」インフォメーションページからダウンロードできる。下記関連リンクから確認してほしい。

 

 

 また、ハムフェアのJARL特別記念局「8J1HAM」が会場から運用される。このコールサインは実に2001年以来、15年ぶりに2016年から復活したものだ(1977~2001年:8J1HAM、2002~2003年:8N1HAM、2004~2014年:8J1A、2015年:8J190Y、2016年~:8J1HAM)。運用を希望する場合はJARL会員証と無線従事者免許証を持参して入場ゲート近くで当日に事前申込みが必要となる。事務局では「運用希望者多数もしくは運用周波数の組み合わせ等の都合により、運用の希望や運用周波数の希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください」と案内を行っている。

 

 

 

●クラブコーナーの団体名と小間番号リスト
※一部、モザイク処理を行っています。

 

 

 

●「ハムフェア2018」情報提供のお願い(このバナーをクリック!)

 

 

 

 

 

●関連リンク:
・声のSNS アマチュア無線でつながる 君との出会い-ハムフェア2018-(JARL Web)
・一般社団法人日本アマチュア無線連盟(JARL Web)
・東京ビッグサイト

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」