hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > <JA局はより多くのゾーン&エンティティーと交信>11月10日(土)16時から30時間、JA主催のDXコンテスト「JAPAN INTERNATIONAL DX CONTEST(電話部門)」開催


<JA局はより多くのゾーン&エンティティーと交信>11月10日(土)16時から30時間、JA主催のDXコンテスト「JAPAN INTERNATIONAL DX CONTEST(電話部門)」開催

JAの主催では数少ない“日本対全世界”のDXコンテスト、「JAPAN INTERNATIONAL DX CONTEST(電話部門)」が、日本時間の2018年11月10日(土)16時から11月11日(日)22時までの30時間にわたり開催される。日本国内主催のDXコンテストとしてはJARL主催の「ALL ASIAN DXコンテスト」が有名だが、本コンテストも毎年多くのDX局が参加している。

 

 

 

 JIDXコンテスト委員会が開催する「JAPAN INTERNATIONAL DX CONTEST」。4月に行われた電信部門に続き、今回の電話部門は日本時間の11月10日(土)16時から11月11日(日)22時までの30時間にわたって、80m、40m、20m、15m、10mの各バンドで開催される。

 

 JA局はJA(JDを含む)以外のできる限りのCQゾーン、およびエンティティーに属するDX局とのQSOを行い、DX局はできる限り多くの都道府県マルチに属するJA局+JD局とのQSOを行う。コンテストナンバー交換はJA局が「RS+JARL制定都道府県番号(ただし北海道は支庁の別なく01とする)」を伝え、DX局が「RS+CQゾーン」を交換する。

 

 ログの締め切りは12月31日(月)消印有効。手書きによるログ以外は電子ログとして提出のこと。また200局以上QSOしたバンドがある場合、および合計500局以上QSOした場合にはデュープチェックシートを添付すること。

 

 詳しくは下記の関連リンクから「JAPAN INTERNATIONAL DX CONTEST規約」で確認してほしい。

 

 

「JAPAN INTERNATIONAL DX CONTEST」の規約(一部抜粋)

 

 

 

 なお、日本において健全な若手アマチュア無線家を育成・支援するためのコミュニティー「YOTA JAPAN」では、著名DXerのスーパーコンテストシャックからコンテストが体験できる「YCP(Youth Contesting Program) 」の第4弾企画として、今回開催されるDXコンテスト「JIDX(JAPAN INTERNATIONAL DX)」の電話部門に参戦。公募で決定した高校生以上、25歳以下の若者たちが静岡県裾野市と静岡県富士市の2か所のスーパーシャックからコンテストに挑む予定だ。

 

 

↓この記事もチェック!

 

<若手無線家のコミュニティー「YOTA Japan」>高校生以上25歳以下の若者対象(シャック近隣駅からの送迎&宿泊可)、「JIDXコンテスト(電話部門)」への参加者募集

 

 

 

●関連リンク:
・Japan International DX Contest Phone規約
・JIDX Contest Official Page

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語マニュアル付)