hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > <参加費無料、申し込みは11月1日(金)まで>11月11日(月)、東京・有明「日本科学未来館」で「第14回 宇宙天気ユーザーズフォーラム」開催


<参加費無料、申し込みは11月1日(金)まで>11月11日(月)、東京・有明「日本科学未来館」で「第14回 宇宙天気ユーザーズフォーラム」開催

情報通信分野を専門とする我が国唯一の公的研究機関「国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)」は、2019年11月11日(月)、東京・有明「日本科学未来館」で「第14回 宇宙天気ユーザーズフォーラム」を開催する。今回、席にまだ余裕があることから参加希望者を募集している(参加費用は無料。日本科学未来館の常設展・企画展の入場は別途料金が必要)。希望者は宇宙天気ユーザーズフォーラム事務局Webサイト「第14回 宇宙天気ユーザーズフォーラム参加申込フォーム」に氏名やメールアドレスなどを登録して申し込む。なお、締め切りは2019年11月1日(金)までだが、会場の都合で先着順に参加申し込みを締め切る場合がある。

 

 

(国立研究開発法人情報通信研究機構Webサイトから)

 

 

 NICTは毎日、宇宙天気予報を行い、広く一般に情報配信を行っている。太陽黒点数や太陽面の爆発フレア、磁気嵐など、これの情報を入手することができるので、アマチュア無線家にも馴染みがある情報だろう。ひとたび大量の放射線や有害な粒子が地球に降り注ぐと、通信障害など引き起こすため、宇宙天気予報は多くの関係者が注目している。

 

 今回、「宇宙天気情報利用者との情報交換を通して、利用者のご要望を今後の宇宙天気情報に反映させていくことを目的としております」として、2019年11月11日(月)、東京・有明「日本科学未来館」で「第14回 宇宙天気ユーザーズフォーラム」を開催される。

 

 宇宙天気に興味のある方は、ぜひ参加してみてはいかがだろうか。

 

 

 

●「第14回 宇宙天気ユーザーズフォーラム」概要

 

 

日時:2019年11月11日(月)
   10時00分~16時25分(予定)

 

場所:日本科学未来館 7階 未来館ホール
   〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6
http://www.miraikan.jst.go.jp/guide/route/

 

目的:2003年より開催して参りました当フォーラムは、宇宙天気情報利用者との情報交換を通して、利用者のご要望を今後の宇宙天気情報に反映させていく事を目的としております。

 

講演者:
 1.国立研究開発法人情報通信研究機構 石井 守
 2.国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 吉川 真
 3.日本航空株式会社 本間史也
 4.国立大学法人九州工業大学 豊田和弘
 5.国立研究開発法人情報通信研究機構研究者による 宇宙天気ミニ講座
 ※敬称略

 

プログラム(案):

 

 

詳細は、ウェブページをご参照ください。
http://sw-forum.nict.go.jp/forum/2019/index.html

 

参加費:無料(※日本科学未来館の常設展・企画展の入場は別途料金が必要です)

 

申込方法:第14回 宇宙天気ユーザーズフォーラム申込フォーム(https://www2.nict.go.jp/cgi-bin/cgimail/201908130002/index.cgi)からお申し込みください。

 

申し込み締め切り:2019年11月1日(金)
 会場の都合により、先着順にて参加申し込みを締め切る場合がございますが予めご了承ください。

 

 

 

●関連リンク:
・<開催案内>第14回 宇宙天気ユーザーズフォーラム(宇宙天気ユーザーズフォーラム事務局)
・日本科学未来館
・宇宙天気予報センター
・宇宙天気とは(宇宙天気予報センター)
・太陽黒点相対数の推定値(宇宙天気予報センター)
・国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」