hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > <奈良県内運用局を1局以上含むこと>2月1日(土)から1週間、奈良県2mSSB愛好会「第42回 奈良県2mSSBマラソンコンテスト」開催

<奈良県内運用局を1局以上含むこと>2月1日(土)から1週間、奈良県2mSSB愛好会「第42回 奈良県2mSSBマラソンコンテスト」開催

奈良県2mSSB愛好会(NTSL)は、2020年2月1日(土)0時から2月7日(金)23時59分までの1週間にわたり、国内のアマチュア局を対象に144MHz帯SSBモードで「第42回 奈良県2mSSBマラソンコンテスト」を開催する。

 

 

 

 参加部門は「会員局部門」と「一般局部門」の2つ。交信方法は通常のQSOとし、ナンバー交換は「コールサイン」+「RS符号による相手局のシグナルレポート」+「QTH」が完全なものとする。一般のYL局は「YL」を付けるほか、会員局の場合は「M」または「YLM」を付ける。ただし、ロールコール中の交信は無効。

 

 また、移動運用を含み交信相手は1回のみのカウント。他都道府県での移動運用による交信も有効とする。奈良県内運用局を1局以上含むこと。

 

 得点は、奈良県外運用のYL局が2点、同OM局が1点。奈良県内運用のYL局が5点、同OM局が3点。当会会員のYL局が10点、同OM局が6点。Aマルチプライヤーは日本国内の異なる市と郡。Bマルチプライヤーは奈良県全市と交信成立が2。奈良県全郡と交信成立が3。奈良県全市全郡と交信成立が6。そのほかは1。総得点の計算方法は「得点合計」×「Aマルチプライヤー」×「Bマルチプライヤー」。

 

 メンバーリスト(毎年更新) 、専用処理ソフトは同会ホームページからダウンロードすること。本コンテストに参加しログを提出した局は、4月1日(水)から7日(火)まで開催される「第14回 3エリア2mSSBコンテスト」のBマルチに加点できる

 

 ログの提出は、郵送と電子メールともに2月末日まで(郵送の場合は消印有効)。詳細は、下記の関連リンクから「第42回 奈良県2mSSBマラソンコンテスト規約」で確認してほしい。

 

 

「第42回 奈良県2mSSBマラソンコンテスト」の規約

 

 

 

●関連リンク:
・第42回 奈良県2mSSBマラソンコンテスト規約
・NTSL 奈良県2mSSB 愛好会メンバーリスト(PDF形式)
・専用処理ソフトについて
・奈良県2mSSB愛好会

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」