hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ソフトウエア情報 > <アマ無線局用免許申請システム>「総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite」、12月23日からFirefoxとWindows 10上でMicrosoft Edgeに対応


<アマ無線局用免許申請システム>「総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite」、12月23日からFirefoxとWindows 10上でMicrosoft Edgeに対応

総務省が提供するインターネット経由のアマチュア無線局用免許申請システム「電波利用 電子申請・届出システム Lite」において、バージョン49.0以上で一部機能が利用できなかったインターネット閲覧ソフト(Webブラウザ)「Mozilla Firefox」と、基本ソフトWindows 10上で同じく閲覧ソフト「Microsoft Edge」が、それぞれ12月23日から対応したと同省が発表した。

 

12月23日に「最新のお知らせ」で、「Firefoxのご利用に関するお知らせ」と「Windows 10のご利用に関するお知らせ(平成28年12月23日更新)」を発表した(同Webサイト)

12月23日に「最新のお知らせ」で、「Firefoxのご利用に関するお知らせ」と「Windows 10のご利用に関するお知らせ(平成28年12月23日更新)」を発表した(同Webサイト)

 

 

 総務省が提供しているインターネット経由の免許申請システムには2つの種類がある。1つは業務無線局などにも対応した、無線局電子証明書方式でICカードリーダライタなどの準備が必要となる「総務省 電波利用 電子申請・届出システム」で、もう1つは事前に発給されたIDとパスワードを使用するアマチュア無線局用の「電波利用 電子申請・届出システム Lite」だ。

 

 どちらのシステムも、Webサイト上でアマチュア無線局の開局申請、再免許申請、変更申請(届出) などの手続きが行えるようになっている。

 

 今回、アマチュア無線家にとって身近な存在の「電波利用 電子申請・届出システム Lite」において、インターネット閲覧ソフト(Webブラウザ)「Mozilla Firefox」と、マイクロソフト社の基本ソフト(OS)Windows 10上で、同じく「Microsoft Edge」が利用いただけるようになった。

 

 現在、「電子申請・届出システム Lite」では、「Internet Explorer」「Microsoft Edge」「Mozilla Firefox」の3つのインターネット閲覧ソフトに対応している。

 

 

 

●関連リンク:
・総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite 最新のお知らせ
・総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】