hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <スタート時刻が変更>JARL島根県支部、6月22日(日)9時から「第34回島根対全日本コンテスト」を開催

<スタート時刻が変更>JARL島根県支部、6月22日(日)9時から「第34回島根対全日本コンテスト」を開催

6月22日(日)9時から16時までの7時間、JARL島根県支部主催による「第34回島根対全日本コンテスト」が、「HF部門」は7/21/28MHz帯、「V・UHF部門」は50/144/430MHz帯の各アマチュアバンドのCW/SSB/FMで行われる。なお、昨年はスタート時刻が12時だったが、今年は3時間早まっているので注意してほしい。

 

 

 交信対象は島根県内局(定義は規約参照)が、日本国内(島根県を含む)のアマチュア局。県外局が島根県内のアマチュア局となっている。またナンバー交換は、県内局が「RS(T)符号による相手局のシグナルレポート」+「市郡ナンバー」、県外局は「RS(T)符号による相手局のシグナルレポート」+「都府県支庁ナンバー」となる。

 得点の計算は、各バンドごとに異なる局との交信を1点。県内局の場合はHF部門において、自局設置場所以外の市郡における既設無線設備および、既設電源を使用しない移動運用の場合、移動得点として1000点が加算される。

 マルチプライヤーは、県内局のHF部門が各バンドで交信した異なる都府県支庁の数(島根県内局は市郡の数)、V・UHF部門が各バンドで交信した異なる都府県支庁および島根県の市郡の数。県外局は各バンドで交信した異なる島根県の市郡の数となる。

 ログの締め切りは7月14日(月)まで(消印有効)。詳しくは下記、関連リンクの「第34回島根対全日本コンテスト規約」で確認してほしい。

 

 

「第34回 島根対全日本コンテスト」規約の一部(同Webサイトから)

「第34回 島根対全日本コンテスト」規約の一部(同Webサイトから)

 

 

●関連リンク:

・第34回 島根対全日本コンテスト規約

・JARL島根県支部

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)