hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <“ダウンロード保存”や“印刷”には非対応>「電子版JARL NEWS」、きょう7月1日から会員専用ページで公開スタート!!

<“ダウンロード保存”や“印刷”には非対応>「電子版JARL NEWS」、きょう7月1日から会員専用ページで公開スタート!!

かねてから検討されてきた、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)の会員向け機関誌「JARL NEWS」の電子ブックサービス、「電子版JARL NEWS」が7月1日からスタートした。電子化にはスターティアラボ株式会社が提供する、電子ブックソフト「ActiBook(アクティブック)」というシステムが採用され、インターネットに接続したパソコン上での閲覧のほか、iOS(iPhone/iPad)、Android版用の閲覧アプリも用意されている。パソコンで閲覧した限り、「電子版JARL NEWS」のページ構成などは従来の雑誌形式のものと変わらない。ただし残念なことに、コンテンツのダウンロード保存や印刷などには対応していない。

 

 

「電子版JARL NEWS」は、パソコン上では見開き単位でこのようなイメージで閲覧できる。目次から該当ページへのジャンプや全文検索機能もある

「電子版JARL NEWS」は、パソコン上では見開き単位でこのようなイメージで閲覧できる。目次から該当ページへのジャンプや全文検索機能もある

 

 

 

 JARLは会員向け機関誌として「JARL NEWS」を春、夏、秋、冬の年4回発行している。「紙による雑誌形式のものを全会員に郵送するより、電子化したほうが経費の削減化が図れる」という会員の声は以前から根強く、理事会などで検討が重ねられていた。

 今回、「前納会費制度(いわゆる終身会員制度)」の終了に伴う「ライフメンバー」への移行により(2月4日記事)、会員の地位は変わらないものの、2014年4月以降(1994年7月7日以降に前納会費を納入した者は2024年4月以降)、QSLカードの転送サービスには「転送手数料(年額3,600円)」を、またQSLカード転送とJARL NEWSの購読をする場合は「ライフメンバー会費(年額7,200円)」を支払わなくてはならない。つまりQSL転送サービスのみを受ける会員や、まったくサービスを受けない会員には雑誌形式の「JARL NEWS」が送られてこないことになった。

 

 そのため、かねてより検討されてきた「電子版JARL NEWS」が、7月1日発行の「2014年夏号」からスタートした。JARL Webの会員専用ページで予め登録しているコールサインとパスワードを入力することで閲覧できる。7月1日現在、「2014年夏号」のほかに、バックナンバーである「2014年春号」のデータが用意されている(2014年春号で指摘された誤記は修正されていない)。

 閲覧は一般的なPDF形式ではない。スターティアラボ株式会社が提供する、電子ブックソフト「ActiBook(アクティブック)」が採用されている。パソコンによるWeb閲覧では、専用のビューアーが立ち上がり見開き単位で閲覧できるほか、拡大、縮小、文字検索、目次からの目的ページへのジャンプなど、電子化ならではの機能が搭載されている。パソコン以外でも、iOS(iPhone/iPad)、Android版用の閲覧アプリも用意されているので、スマートフォンやタブレットでも読むことができる。

 

 しかし、残念ながらコンテンツのダウンロード保存や印刷などはできない。会員の中からは、「どうして自分のパソコンにデータを保存することができないのか」「プリントしてファイリングしておきたかったのに」という失望の声もあがっている。

 また「専用の電子ブック作成ソフトは有料なので、JARLはスターティアラボ社にいくら支払っているのだろうか」「あまり経費削減にはつながらないのでは…」「広く使われているPDFで配布すれば費用はかからないのに」と、採用経緯や費用を疑問視する声もある。当然、JARL会員を退会したような場合は閲覧できなくなる。

 なお「ActiBook」の料金をスターティアラボ社のWebサイトで確認したが、明確には記載されず「お問い合わせください」となっていた。雑誌用のデータをActiBook用にデータ変換する場合は手数料がかかり、閲覧する端末の個数によりビューアーの使用料金が発生するはずだが…と指摘する会員もいる。

 

 

JARL WebサイトのTopページ右側に「電子版JARL NEWS」という項目があたらに設けられた

JARL WebサイトのTopページ右側に「電子版JARL NEWS」という項目が新たに設けられた

 

 

予め登録しているコールサインとパスワードを入力して閲覧

予め登録しているコールサインとパスワードを入力して閲覧

 

 

7月1日現在、「2014年夏号」のほかに、「2014年春号」のデータが用意されている

7月1日現在、「2014年夏号」のほかに、「2014年春号」のデータが用意されている

 

 

 

●関連リンク:

・一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL Web)

・ActiBook

・ActiBook料金

・ActiBook導入実績

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」