hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > <日本人ハムも参加!!>2016年1~2月、VP8(サウスサンドイッチ諸島、サウスジョージア島)へのDXペディションを実施


<日本人ハムも参加!!>2016年1~2月、VP8(サウスサンドイッチ諸島、サウスジョージア島)へのDXペディションを実施

アメリカのIntrepid DX Groupは、2016年1月から2月にかけて、「地球上で一番遠隔な土地」と言われる、南大西洋のサウスサンドイッチ諸島、サウスジョージア島へのDXペディションを行うことを発表した。このペディションには日本人のアマチュア無線家も参加する予定だ。

 

 

VP8 South Sandwich & South Georgia Project 2016のWebサイト

VP8 South Sandwich & South Georgia Project 2016のWebサイト

 

 サウスサンドイッチ諸島、サウスジョージア島は南大西洋(南緯54度30分、西経37度)にあるイギリス領の島で「地球上で一番遠隔な土地」とも呼ばれている。現在Clublogのmost wanted DXCCで、サウスサンドイッチ諸島は第4位、サウスジョージア島は第9位にランキングされる珍エンティティーだ。

 

サウスサンドイッチ諸島の位置

サウスサンドイッチ諸島の位置

 Intrepid DX Groupの発表によると、このペディションには日本人(JH4RHF・田中氏)を含む14名(N6PSE、K3LP、N2WB、N6HC、RA9USU、JH4RHF、K1LZ、K3VN、K9CT、WD5COV、K65TD、K4ZLE、VE7CT、NA6M)が参加。一行は2016年1月、約1,000km東にあるフォークランド諸島に集合し、ここから船(Braveheart号)で出発。まずサウスサンドイッチ諸島から最大8日間の運用を行い、次にサウスジョージア島からも8日間運用するという。ただし天候などの関係で遅延や予定変更が発生した場合は、サウスサンドイッチ島の運用を最優先するという。
 運用は160m~10mのSSB/CW/RTTYを6局体制で行い、スポンサーであるエレクラフト社のK3にKPA500などのリニアアンプを使用、アンテナはバンドに応じてビバレージ、バーチカル、ビームなどが用意される。

 このペディションには425,000ドル(日本円で約5,000万円)の費用がかかると想定され、Intrepid DX Groupでは、個人や世界中のDX団体などからのドネーションを呼びかけている。またペディションに関する情報は、Webサイトで随時提供される。同グループは「サイトの内容は絶えず更新するので、頻繁に我々の進展をチェックしてほしい」と呼びかけている。

 

●関連リンク:
・VP8 South Sandwich & South Georgia Project 2016
・The Intrepid DX Group

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」