hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > <JA向け情報ページ開設、寄付を呼びかけ!>2016年1~2月、JAハム参加のVP8(サウスサンドイッチ諸島、サウスジョージア島)DXペディ計画


<JA向け情報ページ開設、寄付を呼びかけ!>2016年1~2月、JAハム参加のVP8(サウスサンドイッチ諸島、サウスジョージア島)DXペディ計画

「地球上で一番遠隔な土地」と言われる、南大西洋にある英領のサウスサンドイッチ諸島とサウスジョージア島は、CLUB LOGによる「DXCC Most Wanted List」で、トップ10にランキングされているほど要求度が高い“珍エンティティー”だ。アメリカのIntrepid DX Groupは2016年1月から2月にかけて、日本人を含む14名のオペレーターが両島へのDXペディションを計画している。なおパイロット局を務める久木田春美氏・JR4OZRが、“JA向け情報ページ”をこのほど開設した。記載された内容によると、まだまだ資金不足で広くJAから寄付(ドネーション)を求めている。

 

 

DXペディションをサポートするパイロット局の1人でもある久木田春美氏・JR4OZRがこのほど開設した“JA向け情報ページ”

ペディションをサポートするパイロット局の1人である久木田春美氏・JR4OZRがこのほど開設した“JA向け情報ページ”

 

 

サウスサンドイッチ諸島の位置

サウスサンドイッチ諸島の位置

 

 

 

 南大西洋(南緯54度30分、西経37度)にあるイギリス領のサウスサンドイッチ諸島、サウスジョージア島は、「地球上で一番遠隔な土地」とも呼ばれ、世界中のDXerからDXペディションが待ち望まれているエンティティーの1つに数えられる孤島である。

 

 その場所から2016年1月~2月にかけてアメリカのIntrepid DX GroupがDXペディションを計画。2016年1月、約1,000km東にあるフォークランド諸島に一行は集合し、ここから船(Braveheart号)で出発。まずサウスサンドイッチ諸島からサービスをスタートして、次にサウスジョージア島へ移動するという計画で、それぞれの島から8日間から10日間の運用を行う。

 

 現在、現地で運用を行うメンバーとして紹介されているのは、日本人(田中純一氏・JH4RHF/OE1ZKC)を含む14名(N6PSE、K3LP、K1LZ、K3VN、WD5COV、K4ZLE、K9AJ、DL6KVA、AA7A、N4RR、W5XU、W6DR、RA9USU)。ほかにパイロット局としてJR4OZR 久木田氏のほか、EA5RM、W2IRT、AA6Gが紹介されている。

 

 今回、開設された“JA向け情報ページ”では「数千万円もの経費を必要とする最近のビッグDXペディションは、全世界のハムに寄付を呼びかけるのが通例となってきました。今回のこのプロジェクトは425,000ドルとされており、参加するオペの個人負担額(参加費?)も、恐らく一人あたり10,000ドル以上ではないかと勝手に推測しております」「不足分は当然寄付に頼らざるを得ず、スポンサー、DXクラブ、個人に協力を求めることになります。すでにPayPalによる寄付集めは始まっておりますが、親玉からの情報では、先月末現在JAからの寄付は合計3,100ドルだそうです。この程度低調なまま推移するとなれば、彼らはEU(ヨーロッパ)と北米ばかりに目を向けるかもしれません」と、切実な状況を訴えている。

 

 そして「表現は不適切かもしれませんが、『金も出すが口も出す』とい流儀がJAの要望に応えてもらう一番の近道と考えております」として、100万円程度を目標に、国内からの寄付(ドネーション)を募るという。

 

 併せて、「VP8Sペディション要望アンケート」という、WANTED調査などもページ内で行っている。最新情報も随時更新されているようなので、大規模な運用は2002年以来となるイギリス領サウスサンドイッチ諸島、サウスジョージア島からのDXペディションの動向をぜひ注視しよう。

 

 

 

【動画】過去に実施された両島へのDXペディションの様子

 

●VP8SSI Dxpedition 1992 Story

 

 

●DXpedition VP8THU SOUHT SANDWICH ISLAND 2002

 

 

 

VP8-South Sandwich & South Georgia Project 2016(英語版)の公式ページ

VP8-South Sandwich & South Georgia Project 2016(英語版)の公式ページ

 

英語版では集まった寄付(ドネーション)金額が棒グラフで表示。そのほかTシャツ、ブレーカーなどオリジナルグッズの販売を行っている

英語版では集まった寄付(ドネーション)金額が棒グラフで表示。そのほかTシャツ、ブレーカーなどオリジナルグッズの販売を行っている

 

 ※本記事初出時、運用メンバーとパイロット局の紹介に誤記がありましたため、修正いたしました。(7/21 10:15)

 

 

↓こちらもチェック!

<日本人ハムも参加!!>2016年1~2月、VP8(サウスサンドイッチ諸島、サウスジョージア島)へのDXペディションを実施

 

 

 

●関連リンク:

・VP8-South Sandwich & South Georgia JA向け情報ページ

・VP8-South Sandwich & South Georgia Project 2016(英語版)

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」