hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 特集 > ハムフェア2015 > <今年は227団体が参加>7月6日(月)、JARL創立90周年を迎える年の「ハムフェア2015」出展者説明会とクラブブースのコマ割り抽選会を開催

<今年は227団体が参加>7月6日(月)、JARL創立90周年を迎える年の「ハムフェア2015」出展者説明会とクラブブースのコマ割り抽選会を開催

日本最大規模のアマチュア無線イベントとして、8月22日(土)、23日(日)の2日間、東京・江東区有明の東京ビッグサイト西館で開催される「アマチュア無線フェスティバル(ハムフェア2015)」。今年は「JARL創立90周年記念ハムフェア」をキャッチフレーズに、アマチュア無線の歴史や数々の出来事などを織り込みながら、さらなる未来への新た楽しみ方への挑戦など、アマチュア無線の楽しさの発見がテーマだ。期間中の入場料は一般1,500円、小・中学生、高校生は無料のところ、今年はJARL会員証を提示すれば特別料金900円で入場できる。なお、初日(22日)夕方にはレセプションホールで「JARL創立90周年記念祝賀会」が開催される。

 

 

 jarl-hamfair2015-setsumeikai-2 jarl-hamfair2015-setsumeikai-3

 13時の受け付け開始には出展者の長い列ができていた。そして受け付けの様子。今年は227団体の出展が予定されている

 

 

 

 冒頭、ハムフェア2015実行委員長である一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)玉眞博義専務理事(JA1SLS)が挨拶に立ち、「昨年のハムフェアは3万4千人という例年以上の入場者数を記録しました。今年は227団体(昨年は220団体)の参加となり、昨年と同規模のイベントになります。また、今年はJARL創立90周年を迎える年ということで、ARRL(アメリカのアマチュア無線連盟)から副会長をはじめ、海外から多くのVIPをお迎えする予定です」という話しに続き、「会場内では日本国内の電波法に反する機器の展示・販売は禁止です」「ドローン(小型無人機)の飛行については禁止させていただきたい」との説明もあった。

 

 

 

 

「アマチュア無線フェスティバル(ハムフェア2015)」が開催される東京ビッグサイト。その会議棟(写真建物)6階で出展者向けに、説明会とコマ割り抽選会が行われた

「アマチュア無線フェスティバル(ハムフェア2015)」が開催される東京ビッグサイト。その会議棟(写真建物)6階で出展者向けに、説明会とコマ割り抽選会が行われた

 

jarl-hamfair2015-setsumeikai-5 jarl-hamfair2015-setsumeikai-6

挨拶するハムフェア2015実行委員長の玉眞博義専務理事(JA1SLS)。会場には多くの出展者が集まった

 

 

 説明会では出展者向けの出展者証、搬入出許可証などが配布されたほか、ブース設置や電気設備、運営・警備など、担当業者からの説明が行われた。休憩をはさみ、クラブ出展者向けの出展ブースのコマ割り抽選会が実施され、抽選順にクラブ代表者が希望するブース番号を伝えていくという方式で滞りなく進められ終了した。

 

 なお今年の「ハムフェア2015」は、昨年同様に最終日の開催時間が、従来よりも1時間短い「16時まで」となるので注意が必要だ。

 

 

 

出展者に配られた配布物の数々。会場のコマ割り図のほか、ポスターやチラシなどがある

出展者に配られた資料。会場のコマ割り図のほか、ポスターやチラシなどがある

 

 jarl-hamfair2015-setsumeikai-7 jarl-hamfair2015-setsumeikai-8

 クラブブースのコマ割り抽選会では、順番に代表者が希望のコマを事務局へ伝えていく

 

 

 

 

●関連リンク:

・JARL創立90周年記念ハムフェア-ハムフェア2015-(JARL Web)
・ハムフェア2015出展者説明会の開催について(お知らせ)(JARL Web)
・JARL創立90周年記念祝賀会(JARL Web)

・一般社団法人日本アマチュア無線連盟(JARL Web)

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」