hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > <7/14MHz帯のCWオンリー!>2月13日(土)20時から2時間、Asia-Pacific Sprint主催「Asia-Pacific Sprint Contest」を開催

<7/14MHz帯のCWオンリー!>2月13日(土)20時から2時間、Asia-Pacific Sprint主催「Asia-Pacific Sprint Contest」を開催

太平洋沿岸地域のアジアの局および東経180度以西の太平洋の局と、2時間内でより多くQSO(QSOのどちらか一方、または両方が太平洋沿岸地域に属している局でなくてはならない)することを目的に、2月13日(土)20時から22時までの2時間にわたり、Asia-Pacific Sprint主催による「Asia-Pacific Sprint Contest」が開催される。今回は7/14MHz帯のCWで開催されるが、そのほか6月第2土曜日に14/21MHz帯SSB、10月第3日曜日に14/21MHz帯CWの年間計3回予定されている。

 

 

 

 今回のコンテストは7/14MHz帯のCWのみで開催。それぞれ7.020~7.040MHz/14.030~14.050MHzを推奨。アジア・パシフィック地域内の局は出力最大150W、それ以外の地域の局は法定最大出力と定めている。

 

 部門は「シングルオペ」のみ。ナンバー交換は「RST符号による相手局のシグナルレポート」+「001形式」、ポイントはアジア・パシフィック地域の局は、全世界の局と交信が1点、アジア・パシフィック地域以外の局は、アジア・パシフィック地域の局との交信のみ1点、ただし同一局との交信は同一バンドでは1回限り有効。

 

 ログの締め切りはコンテスト終了後7日以内のタイムスタンプが有効とし、審査前のスコアとともに全ログが公開される。なお、アジア・パシフィック地域の上位3局およびアジア・パシフィック地域以外の各大陸の勝者に対して賞状が授与されるほか、年末には、年間を通してのアジア・パシフィック地域の上位3局およびアジア・パシフィック地域以外の各大陸の勝者に対し、CQ出版社寄贈の楯が贈呈される。

 

 詳しくは下記関連リンクから「Asia-Pacific Sprint Contest規約」を確認してほしい。

 

 

 

「Asia-Pacific Sprint Contest」の日本語規約(一部抜粋)

「Asia-Pacific Sprint Contest」の日本語規約(一部抜粋)

 

 

年間を通してのアジア・パシフィック地域の上位3局およびアジア・パシフィック地域以外の各大陸の勝者に対し、CQ出版社寄贈の楯が贈呈される(同Webサイトから)

年間を通してのアジア・パシフィック地域の上位3局およびアジア・パシフィック地域以外の各大陸の勝者に対し、CQ出版社寄贈の楯が贈呈される(同Webサイトから)

 

 

●関連リンク:
・Asia-Pacific Sprint Contest規約(日本語)
・Asia-Pacific Sprint Contest規約(英語)
・Asia-Pacific Sprint

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」