hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ソフトウエア情報 > <Windows10対応、機能改善と最適化>八重洲無線、WIRES-Xソフトウェアの最新バージョン「Ver.1.110」を公開

<Windows10対応、機能改善と最適化>八重洲無線、WIRES-Xソフトウェアの最新バージョン「Ver.1.110」を公開

八重洲無線株式会社は2月12日、独自の「C4FMデジタルモード」に対応したVoIPシステム、「WIRES-X」のノード局用パソコンソフトウェアの最新バージョンとして、Ver.1.110を公開した。HRI-200を使用してノード局を開設しているオーナーは、同社WIRES-Xのノードオーナーページからダウンロードが可能だ。

 

 

WIRES-Xノードオーナーページより

WIRES-Xノードオーナーページより

 

 

八重洲無線のWebサイトで公開された「WIRES-X ソフトウェア Ver.1.110」の概要は下記のとおり。

 

 

●公開されたWIRES-X ソフトウェア

 

・バージョン名:Ver.1.110 (wx1110jp.zip)

・おもな変更点:
 1 Microsoft Windows10に対応しました。
 2 その他、機能改善および最適化を行いました。

 

 なお、同ソフトウェアを導入したWIRES-Xのノード局オーナーによると、「無線機設定」の中に「ナロー運用」という項目が追加された模様だ。

 

 なお八重洲無線では、「WIRES-X ソフトウェア(Ver.1.110)をご使用になるには、基地局のトランシーバーを最新のファームウェアにアップデートしてください。
・FTM-400Dシリーズ、FTM-400XDシリーズ: メインファームウェア Ver.2.2以上
・FTM-100Dシリーズ: メインファームウェア Ver.1.2以上、PANELファームウェア Ver.1.3以上」
 と告知している。

 

 新ソフトウェアのアップデートを行うためには、同社WebサイトのWIRES-Xページから、ノードオーナーページ(要・会員登録)に入り、公開されている「WIRES-X ソフトウェア更新情報」のPDFをよく読んだ上で、ソフトウェアをダウンロードし、パソコンにインストールする必要がある。

 

 

 

●関連リンク:WIRES-X(八重洲無線)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」