hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > D-STAR > 【写真掲載】<鹿児島市で開催中のITソリューションフェア>「Next-MIC 2016」にアイコムがD-STAR機器を出展!!


【写真掲載】<鹿児島市で開催中のITソリューションフェア>「Next-MIC 2016」にアイコムがD-STAR機器を出展!!

2016年6月29日(水)~30日(木)の2日間、鹿児島県鹿児島市のかごしま県民交流センターで、ITソリューションフェア「Next-MIC 2016」が開催中だ。この会場内の体験コーナーにアイコム株式会社がD-STAR機器やIC-7300を展示し注目を集めている。

 

 

鹿児島市で開催中の「Next-MIC 2016」の模様

鹿児島市で開催中の「Next-MIC 2016」の模様

 

 

「Next-MIC 2016」は株式会社南日本情報処理センターが、地域の情報通信技術(ICT)の普及を目的に毎年開催するITソリューションフェア。今回で12回目の開催となり、情報通信技術(ICT)関連企業など40社以上が出展。毎回1,000名近くの来場者があるという。

 

 今年は初めてアイコム株式会社が同イベントに出展。業務に使用できる各種無線装置や無線LANを用いたシステムを展示しているほか、体験コーナーではD-STAR機器やIC-7300といったアマチュア無線機器を展示して注目を集めている。

 

アイコムのブースでは業務に使用するための各種無線装置や無線LANを用いたシステムを展示

アイコムのブースでは業務に使用するための各種無線装置や無線LANを用いたシステムを展示

 これは主催者側から「D-STARはIP網を使ったネットワークで、遠隔地ともレピータ経由で交信ができることから、“ITと無線”という繋がりを知ってもらう機会にもなるのでは」と展示要請があったことに同社が応えたもの。初日の29日はあいにくの大雨となったが、会場には鹿児島県内はもちろん、宮崎県方面からも来場者があり、D-STAR機器は「防災にもいいね」と好評で、各出展者からの質問も多くあるという。

 

会場3階に設けられた展示コーナー

会場3階に設けられた体験コーナー

アイコムのD-STAR機器やIC-7300などを展示。主催者は「阪神淡路大震災での非常通信の経験と知恵を盛り込んで開発したアマチュア無線のデジタル方式で、通常の交信を楽しめるだけではなく、非常通信に適した仕様になっています。自治体や病院、医師会館などでもD-STARレピータを設置して災害に備えています」と来場者へ案内している

体験コーナーではアイコムのD-STAR機器やIC-7300などを操作(受信)体験できる。主催者は「阪神淡路大震災での非常通信の経験と知恵を盛り込んで開発したアマチュア無線のデジタル方式で、通常の交信を楽しめるだけではなく、非常通信に適した仕様になっています。自治体や病院、医師会館などでもD-STARレピータを設置して災害に備えています」と来場者へ案内している

 

 イベントはきょう6月30日(木)の16時まで「かごしま県民交流センター」(鹿児島市山下町14-50、JR鹿児島駅から徒歩10分)で開催され、入場は無料。詳細は下記関連リンク参照。

 

 

 

●関連リンク:Next-MIC 2016フェアのご案内(南日本情報処理センター)

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語版ユーザマニュアル付き)