hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <梱包方法や仕様変更点など専用ページに掲載>サイエンテックス、新ポータブル市民ラジオ機「SR-01」いよいよ初回出荷へ


<梱包方法や仕様変更点など専用ページに掲載>サイエンテックス、新ポータブル市民ラジオ機「SR-01」いよいよ初回出荷へ

浜松市の株式会社サイエンテックスが開発・直販する、新スプリアス基準をクリアした市民ラジオ(CB)無線機「SR-01」。同社が4月18日に「SR-01」の発売予定を発表するやいなや大反響を呼び、予約の200台があっという間に締め切られ、現在は第3ロットの100台が残り少ないという状況だ。そして当初の予定通り、初回出荷分が9月上旬から始まる。「SR-01」の専用Webサイトには、開梱時のパッケージイメージとともに、出荷時標準付属品やプロトタイプ機と比べた製品版の改良点などの詳細が掲載されている。

 

8ch 500mW出力の新ポータブル市民ラジオ機「SR-01」。運用イメージ/写真提供:シズオカAR96局(同Webサイトから)

8ch 500mW出力の新ポータブル市民ラジオ機「SR-01」。運用イメージ/写真提供:シズオカAR96局(同Webサイトから)

 

 運用に際して特別な資格や免許などいらないライセンスフリー無線のなかで、「市民ラジオ(CB)」は人気が高いジャンルだが、そのほとんどの無線機は、旧スプリアス規格の無線設備であるため、平成34(2022)年12月1日以降使用できなくなる。

 

 それ以降継続して使用するためには実際にスプリアスの値を測定し、新スプリアス規格(新規則)に適合していることを確認する必要があるものの、個人レベルで新スプリアス基準をクリアするにはハードルが高いと言っていい。

 

 そんな折に、新スプリアス基準に対応した8ch 500mW出力の市民ラジオ無線機「SR-01」を発売する予定だとサイエンテックスから発表があったのだ。合法CB無線機の新機種発売は、実に数十年ぶりで大きな話題となった。

 

 今回、第1ロット分の予約者に対して9月上旬から出荷が始まるのに際して(第2ロット分は11月ごろを予定)、同社では「SR-01」の専用Webサイトに、開梱時のパッケージイメージ、出荷時標準付属品やプロトタイプ機と比べた製品版の仕様改良点などの詳細を掲載した。

 

 2016年8月末現在、日本国内で唯一、工事設計認証で新技適に対応した市民ラジオの無線設備という「SR-01」は、専用の梱包材により製品を確実に保持し万全の状態に保護して出荷されるとしている。また「出荷時の箱、および緩衝材は、将来の輸送や修理に備えて保管いただくようお願い致します」と案内している。

 

 

開梱時のパッケージイメージ。専用の梱包材により、製品を確実に保持(同Webサイトから)

開梱時のパッケージイメージ。専用の梱包材により、製品を確実に保持(同Webサイトから)

 

 

 プロトタイプ機と比べた製品版の仕様改良点などは下記のとおり。(同Webサイトから)

 

 

 

・アナログメーターには電球色LEDの照明を標準で内蔵。CHECK押しボタンのダブルクリックで照明ON/OFF操作が可能。照明ON時 消費電流増加量Typ.10mA

 

・アンテナ収納時にステンレスロッドを抱えるホルダーは、金属板から切削部品に変更。ロッドの外径にフィットする形状に変更

 

・フロントパネル、上下カバー、リアパネルはすべてちりめん状(目の細かいざらざら状)の塗装表面仕上げ、塗装の耐久性(はがれにくさ)が向上

 

・内蔵スピーカーについて、筐体内の空気漏れを減らしたことで、スピーカーからの音量が増加し、また中低音域のレベルアップで音質バランスを改善しました。さらにAF段スピーカーアンプのゲインを増加させ、内部SP/外部スピーカーいずれでも音量をアップさせています

 

・バッテリーの消耗などで異常に電圧が低下した場合に、予期せぬ動作を回避するため、下記のソフトウェア処理を追加しました。送信中に異常な電圧低下を検知した場合は、7セグLED に「-」を表示し、送信を自動停止します(※1)。さらに電圧が低下し、送信だけでなく受信にも支障が出る場合には、7セグLED に「L」を表示し、送受信ともに機能を停止し、スピーカーは無音になります

 

・受信中、Sメーターの針のリリース動作速度(針が戻る速さ)を遅くし、信号強度のピークレベルを読み取りやすいよう調整しました

 

※1:一般に電池は消耗してくると、内部抵抗が増加するため、電流が少ないときは電圧が高くても、電流が大きいと電圧が下がる現象が発生します。このため、電池の消耗時は、受信中に電圧をチェックして動作範囲内であるのに、送信ができない場合がありますが、無線機の異常ではありません。このようなときは電池を交換してください

 

 

 そのほか、「外部電源DCジャックの型式について」の情報など、下記関連リンクから確認できる。情報は随時更新されてる。

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

【追記2:初期ロット瞬殺!合計200台の予約埋まる】<新スプリアス規格に適合!>サイエンテックス、8ch 500mW出力の新ポータブル市民ラジオ機「SR-01」開発・発売へ

 

【ハムフェア2016】<動画で見る!!>ハムフェア初出展、サイエンテックスの市民ラジオ「SR-01」製品版の改良点

 

【追記:メーター照明は追加料金なし!】<動画で見る、こだわり&設計秘話…etc.>本邦初!実動機デモ、開発メンバーによる数十年ぶりの市民ラジオ(CB機)新製品「SR-01」徹底解説

 

 

 

 

●関連リンク:
・新技適対応 市民ラジオ専用ページ(サイエンテック)
・株式会社サイエンテック

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」